小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通が選んだネーミングだけで飲みたくなる日本酒5選

2018.01.13

●『うっぷんばらし』(向原酒造)

向原酒造は、明治42年、「我が町にも酒屋を」と造られた町民の地酒蔵で、安芸高田市では唯一の酒蔵。看板銘柄の清酒『向井櫻』は、全国新酒鑑評会金賞を過去に6度も受賞する実力派。他方でユーモアのセンスも持ち合わせ、この『うっぷんばらし』は、その名が面白いことで、居酒屋からの引き合いが多いという。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み2052円。

葉石氏「繊細な和食に寄り添う、上品かつクリアな味わい。冷やすとすっきり、燗にするとほど良い旨味が引き出されます。五味の何かが突出することなく、バランス良く、穏やかな飲み心地で飲む人をホッとさせてくれます」


『うっぷんばらし』

●『射美 吟醸』杉原酒造

明治25年創業の老舗でありながら、親子二人だけの日本一小さな蔵として知られるのが、岐阜県の杉原酒造。ここが、昔ながらの製法にこだわり抜いて少量だけ生産しているのが、『射美』(いび)ブランド(価格は一升瓶で税込み3800円)。酒米に『揖斐の誉』(いびのほまれ)を使っていることから、ついた名前だが、面白いのはそこではなくて―

葉石氏「注目していただきたいのは、表よりも裏ラベル。そこには卵焼きのストーリーや奥様との出会いのエピソードなど、蔵元の個人的な想いがびっしり詰まっていて、これがいい酒のアテになります。裏ラベルの内容は随時書き換えるそうです。味わいはジューシーの一言。フレッシュ感にあふれたお酒です」

 
『射美』(表ラベル・裏ラベル)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。