小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通が選んだネーミングだけで飲みたくなる日本酒5選

2018.01.13

1万種を超えるといわれる日本酒の銘柄。その中には、ウケねらいにでも振り切ったかのように思える、ユーモア感あるネーミングもちらほらあって、日本酒通を楽しませている。

そういった銘柄から、特に印象が強く味わいも優れた逸品を、酒ジャーナリストの葉石かおり氏にピックアップしていただいた。

●『I LOVE SUSHI』天吹酒造

元禄年間創業の300年の歴史をもつ蔵元が、地元佐賀平野の酒米と脊振山系の伏流水で作り上げた酒で、銘柄が示すとおり、寿司の旨みをうまく引き出すコクが特徴。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み2757円。

葉石氏「魚介類の旨味と、ぴたっと同調するほど良い旨味、酢飯に合う上品な酸味、脂をきれいに流すバツグンのキレが秀逸です。鮨と一緒にいただくと、口の中での一体感が倍増し、お酒も鮨もどちらもすすみます。市販の鮨でもこのお酒と一緒にいただくとレベルがグンとアップしますよ」


『I LOVE SUSHI』

●『川口納豆』川口納豆

国内の9割の商品が外国産の大豆を使うなか、国産大豆のみの納豆づくりにこだわる納豆メーカーの有限会社川口納豆がプロデュースしたのが、清酒『川口納豆』。同社が栽培した酒米「美山錦」を、金の井酒造で醸造して誕生した(もちろん納豆が原料ではない―念のため)。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み3240円。

葉石氏「緻密な味の層、ほど良く練れた旨味が舌を包み込みます。派手さはありませんが、穏やかで、非常に落ち着いた酒質で、飲んでいて疲れません。それでいてしっかり飲みごたえもあるので、ビギナーから酒通の方まで全て満足させてくれる一本です」


『川口納豆』

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。