人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

洗濯時に発生するマイクロファイバーによる海洋汚染を防ぐ『コーラボール』

2018.01.12

■連載/鈴木拓也のクラウドファンディング・ウォッチャー

最近になって、プラスチックの廃材、なかでも「マイクロプラスチック」とよばれる5mm以下の細片が海洋環境に悪影響を与えるものとして注目され、調査・研究が進められている。このマイクロプラスチックの影に隠れて話題にはあまり上らないが、同じくらい大きな問題になるうるのが、洗濯時に衣類から出る「マイクロファイバー」。これは、非常に細かい糸くずのことで、フリース(羊毛)の上着1枚を洗濯すると、25万本ものマイクロファイバーが出るという。洗濯するたびに生まれる膨大な数のマイクロファイバーは、そのまま排水されて、最終的には海に行きつく。その大部分は海洋汚染源となり、一部は魚介類の消化器系に入って、それを食べた人の体内に入る可能性もある…

マイクロファイバーの問題を、洗濯する時点で解決しようとして開発されたのが、今回紹介する『コーラボール』(Cora Ball)。プラスチック製の渦巻き状のパーツを、球形に重ねたもので、サンゴ(Coral)の形状をモチーフにしたものだという。色は数種類あるが、性能はみな同じである。

洗濯時する度に発生する「マイクロファイバー」による海洋汚染を防ぐ『コーラボール』
色も様々な『コーラボール』

使い方はいたって簡単で、洗濯時に洗濯機に放り込むだけ。『コーラボール』の特殊な構造が、衣類から次々と出てくるマイクロファイバーをからめとってしまう。1個の『コーラボール』で、マイクロファイバーの約35%をキャッチできるので、開発元のロザリア・プロジェクトは、2~3個使うことを推奨している。

洗濯時する度に発生する「マイクロファイバー」による海洋汚染を防ぐ『コーラボール』
1回の洗濯で『コーラボール』がキャッチしたマイクロファイバー

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。