人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8960円でスーパーツイーターをチョイ足し!DigiFi『DF20 TSA&DigiFi20』

2018.01.09

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■フルレンジにスーパーツイーターをチョイ足ししてハイレゾ対応に

以前、フルレンジにスーパーツイーターを加えるとどうなるかという大人の公開実験に参加した。その結果はスペック的には高域の再生限界を伸ばしただけなのだが、ボーカルの音色まで変化して、音楽全体の響きが豊かになった。つまり好印象である。できれば拙宅のフロントロードホーンキットにもスーパーツイーターを加えてみたい。私の好きなのはもちろんハイルドライバー(AMT)かリボン式である。これが意外に能率が低い。能率を稼ぐためには面積を広くする必要があり、必然的に値段が高くなる。そこで今回はベーシックにドーム型に決めた。

最もハイコスパだったのは、フォステクス『PT20K』(2000円)である。同社のかんすぴ用に作られたφ20mmドームツイーターで、磁気ギャップに磁性流体を充填してクロスオーバー周波数を下げているという。再生周波数帯域は3kHz〜32kHz。能率は84dB。ローカット用コンデンサーも付属している。フォステクスのフルレンジと組み合わせるなら文句なしに本機を選ぶのだが、フロントロードホーンのユニットはDigiFi19号付属のオラソニック製8cmなので、ここはまず同じオラソニック製のφ18mmスーパーツイーターを試してみたい。DigiFi20号の付録で価格は2個で4980円(税込)とこれまたハイコスパなのだ。こちらは磁気回路にネオジウムマグネットを採用、能率は86〜88dBで周波数特性は2kHz〜40kHzまで再生できるという。さらに専用オプションを使うことで、お手軽に音質向上ができるというメリットがある。


DigiFi No.20はバックナンバーで購入可能だ。豪華な付録付きにもかかわらず本誌はペラペラではなく充実しているが、内容は2015年の情報である。


箱を開けると2個のツイーターにガスケット、取り付けネジ、ローカット用コンデンサーが入っている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。