人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Raspberry Pi 3+DACボードでミニマムな音楽空間を作ってみた

2018.01.08

■I2S接続の音は鮮明で透明感があった

Volumio2はI2S出力対応である。設定メニューのプライバックオプションからI2S DACをOnにすると下にDAC Modelの候補が表示される。ここからHifiberry DAC Plusを選択して、再起動をかければ準備完了。あっけないほどカンタンである。その音は今まで再生していたUSB/DACよりも明らかに鮮明で見晴らしのいいものだ。小型ブックシェルフスピーカーではもったいないのでパッシブアッテネータ経由でリファレンスシステムを鳴らしている。外付けDACの方が音がいいだろうという予想を裏切って、ラズパイ3から電源供給されている裸のDACボードのライン出力の方が音が鮮明で情報量も多くなった。これは予想外の結果だ。やはりDACは近距離でI2S接続がいいのだろうか。これはもっと高音質なDACボードを手に入れて、その音を聴いてみたいものだ。次回は外付けのDACとアンプを加えてデスクトップシステムの構築を試みる。


プレイバックオプションのオーディオ出力のI2S DACをOnにするとDAC Modelの選択画面が現れるのでHifiberry DAC Plusを選択する。


保存を押すとシステムの再起動をうながされるので、迷わず再起動する。


再起動後の画面では、出力デバイスもHifiberry DAC Plusになっている。これで再生可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。