小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この手があったか!バイクの積み荷問題を解消するTTPLの防水ツーリングバッグ

2018.01.07

■片手であけられる簡単ロールトップが見事

 touringシリーズの容量は40、25、19、5。“大は小を兼ねる”ではないが、キャンプ道具を積むならゆとりがあったほうが安心だ。そこで今回使用したのはtouring40(1万1990円+税)。容量は40Lで、バックパックでいえば1泊の山行が可能な容量といえる。


収納した道具たち。焚き火台、タープとメッシュテント、メッシュテントのポール代わりにもするトレッキングポール、ロープ、寝袋、マット、ヘッドランプ、クッカーセット、ポイズンリムーバー、シェラカップ、ミニテーブル、カトラリー、バーナー、ライターやナイフなどの小物と防水シート


食品、カメラ、レインウエア、着替えはデイパックに背負うこととしたが、隙間をきっちり詰めればウエア類だってtouring40に入りそう


touring40のサイズは50×47×32cm。手持ちの焚き火台は脚が57cmで長すぎたので、カットして現地でねじ込めるように加工した


くるくると3回巻いてベルクロでとめるロールトップ。ひざで空気を押し出しながら閉めると驚くほどコンパクトになる。ベルクロでとめた後、サイドのバックルでも開かないようにするので2重の安心感がある。ちょっと心許ないが、ロールトップは2回転でもなんとか雨は防げそうだ。秀逸なのはベルクロ部分から飛び出している赤いベルト。長いベルクロは抵抗感があって開きにくいのだが、赤いベルトを引っ張るだけで簡単に大きく開くことができるのだ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。