人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.01.05

世界で唯一AMTドライバーを採用したoBravoのイヤホン『eamt-3a』

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

スピーカーにフルレンジ、2Way、3Wayがあるようにイヤホンにも再生する周波数によって複数のドライバーを使い分けるマルチウェイを採用したモデルがある。もともとはカスタムイヤモニターに使われるBA(バランスドアーマチュア)型ドライバーの再生周波数帯域が狭かったので、マルチWay化を余儀なくされたのが始まりである。イヤホンはスピーカーと違い耳の直近で音楽を再生するため、小口径のダイナミック型ドライバーでも充分に低域から高域まで再生できる。つまり基本はフルレンジで何の問題もない。異なる種類のドライバーを使った場合、ハイブリッド型イヤホンと呼ばれることもあり、その代表格がウーハーがダイナミック型でツイーターがBA型の2Way。低域をダイナミック型にまかせて、高域が得意なBA型と組み合わせるのだ。

しかし、オーブラボーが選択したのはAMTドライバーである。AMTはエアーモーションツイーターの略でハイルドライバーとも呼ばれる。振動板をプリーツ状に折りたたみ、その前後で空気を吸入、圧縮して放出する独自方式により、空気を正確に素早く振動できる。立ち上がり時間はダイナミック型の約1/5とハイスピードで、歪みが少なく微細な信号を再生するのが得意なのだ。ELACのスピーカーなどに採用されているがイヤホンに使ったのはオーブラボーだけである。その理由を同社代表のDavid Teng氏に尋ねると「イヤホンに使えるぐらい超小型AMTドライバーを作る技術があるのは弊社だけだからです。我々の持つ強化ポリエステルのマイラーリボンに対するノウハウを活かしてAMTドライバーを製品化しました。このイヤホンは制作にものすごく時間が掛かるのでディスカウントしたくありませんね」と笑顔で語ってくれた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。