小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マインドフルネス歴30年の茂木健一郎氏が薦める瞑想ランニング術

2018.01.03

●「瞑想ランニング」に必要なもの

茂木氏が「瞑想ランニング」をする際の服装は、いたってシンプルーTシャツと短パンだけだという。ランニング専用の着衣はなく、寒い季節はウインドブレーカーを羽織るくらい。

持ち物は、スマホ、ポケットティッシュ、千円札のみ。スマホは、アプリで走った距離・速度を測るために使う。ポケットティッシュはトイレ立ち寄り用で、千円札はコンビニでドリンクを買う場合に備えてのもの。

もちろん茂木氏とまったく同じ持ち物を揃える必要はないが、数分で準備を整えてスタートを切れるかたちにしておかないと、面倒くささが先に立ってしまうので注意。

なお、「瞑想ランニング」をするのに、「やる気」は必要ない。「やる気まんまんの日」は、人生においてそうあるものではなく、やる気のない状態が日常と心得る。やる気のあるなしにかかわりなく、とにかく続けると習慣化するという。

●「瞑想ランニング」に慣れてきたら

慣れてきたら、速度を上げ、逆に時間を短くする。茂木氏の走るペースは、1km=5分30秒から6分だという。経験を積むと、マインドフルネスの状態に入りやすくなるので、時間は20分程度で十分だとしている。また、ルート上の神社に参拝するのもよい。短時間でも心が整えられ、プチ瞑想になる。

●「旅ラン」もトライしよう

茂木氏は、旅先でランニングする「旅ラン」も勧めている。この場合は、見知らぬ土地を走ることになるので、「新しいことに触れて、創造性を生むための素材のインプット」という、「瞑想ランニング」とはまた違った効用があるという。

本書では、ほかに「レーズン・エクササイズ」(食べるマインドフルネス)、「入浴瞑想」、音楽の瞑想効果など、いくつものメソッドが紹介されている。自分にあったマインドフルネスを見つけたら、さっそく実行してみよう。

協力/株式会社世界文化社

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。