みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >マインドフルネス歴30年の茂木健一郎…

マインドフルネス歴30年の茂木健一郎氏が薦める瞑想ランニング術(2018.01.03)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーグル社内で広まったのをきっかけに、米国西海岸域の有名企業が続々と社員研修に取り入れてブームになった、マインドフルネス。創造性の強化やストレス解消といった効用があることから、日本でも随分と知られるようになった。

脳科学者として知られる茂木健一郎氏は、マインドフルネスという言葉が日本で市民権を得るはるか前から、これを日常生活の習慣に取り入れ、かれこれ30年ほどになるという。

今回は茂木氏の新著『脳を鍛える茂木式マインドフルネス』(世界文化社)で紹介されているマインドフルネス手法の中でも、ひときわユニークな「瞑想ランニング」を紹介しよう。

●「瞑想ランニング」の基本

基本的には普通に走るだけ。ただし、自分がよく知っている見慣れた場所を走る。特に周回コースがベスト。これなら、周りの景色に気をとられず、頭の中を空っぽにして、自分の内面と静かに向き合うマインドフルネス的な状態に入りやすい。

初心者のうちは、8~9分で1km、早歩きより少し速いくらいのゆったりペースで。また、頭の中をからっぽにするまでに時間がかかるので、できれば1時間は確保しておきたい。音楽や英会話レッスンを聞きながらのランニングはダメで、視線は落とし気味にして、周囲は気にしないように。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。