小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アウディ『Q2』買うなら1.0ℓと1.4ℓどっちが正解?

2017.12.31

 アウディのメインのモデルラインナップは、Aから始まる『A1』から『A8』。ほかに『R8』や『TT』のようなスポーツカーもあるが、さり気な〜く粛々とラインナップを広げてきたカテゴリーにSUVの「Qシリーズ」がある。これまでアウディのSUVシリーズにはフラッグシップの『Q7』、ミドルサイズの『Q5』があり、2012年に『Q5』より小さな『Q3』が日本で発売を開始。そして先日、『Q3』よりもひとまわり小さいSUVの『Q2』が発表された。それはこれまでのアウディのラインナップのなかでもSUVのなかでも一味違うユニークさが体現されたモデルと言えそう。

 

 デザインのモチーフはポリゴン=多角形。と言っても全体のフォルムは後席のヘッドクリアランスやボディサイズ以上の広さを保つラゲッジなど、実用性を保つ”カタチ“をしている。しかし8角形のフロントグリルやボンネットのより立体的を強めるライン、ボディサイドの陰影を個性的に表現する造形など、これまでのアウディでは採用されていないデザイン手法が、『Q2』の個性を際立たせている。

 さらに言えば、8角形のフロントグリルは意図的に高めに配置しSUVらしさを、一方で低いルーフラインや一直線に伸びる長いルーフスポイラー、『R8』のようなココだけ(Cピラー)カラーを変えたブレード採用などはクーペらしさを意識したという。結果、ディテールの凝ったコンパクトなSUVは違和感なく個性を感じられるデザインに仕上がっていると思う。

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。