人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

素材より長さが大切!オーディオファンのためのケーブルの選び方

2017.12.29

■カスタムIME用リケーブルも登場!

モバイルオーディオで注目されているのがヘッドフォンとイヤフォンのリケーブルである。もともとは断線しやすいイヤフォンケーブルを着脱式にしたのが始まりだが、音質向上を狙った高音質ケーブルがサードパーティから発売され、リケーブルが流行したのだ。さらにバランス接続が加わり、各メーカーの人気モデルにはバランス接続用のリケーブルが発売されている。ORBの製品には、2.5φ4極バランス用、3.5φステレオミニ、6.3φステレオ標準の3種類のコネクターがあり、イヤフォン&ヘッドフォン側はMMCX仕様、HD25-I /II用、HD650用、FitEar用、Custom IEM用が発売中である。私が愛用しているのはFitEar用で、純正ケーブルよりも柔らかくて取り回しが楽で、しかも音もしっかりしていると文句のないリケーブルなのだ。


FitEar『Air』で主にハイレゾプレーヤーとiPhoneに接続している『Clear force FitEar 3.5φ』2万2000円/1.2m。ケーブルは柔らかくタッチノイズも少ない。


FitEar『MH334』でAstell&Kern『AK380』との接続に使っている『Clear force FitEar 2.5φ Balanced』2万2000円/1.2m。バランス接続の特徴であるS/N感、音場感、音の粒立ちの良さが感じられる。


変換プラグを使わずに据え置き型のヘッドフォンアンプが使える『Clear force FitEar 6.3φ』2万4000円/1.2m。プラグはノイトリックの金メッキ仕様。

■ケーブルは一度揃えたら浮気するな!

もし、気に入ったケーブルが見つかったら、浮気せずに使い続けることをオススメする。専門誌が発売されるほどオーディオアクセサリーはじゃんじゃん新製品が出てくるが、あくまでもコンポを支える脇役であって、主役を食うほどの実力は秘めていない。新製品に買い替えても音が画期的に向上する可能性は極めて低い。音決めはコンポでおこない、ケーブルはなるべくクセがないものを揃えた方がいい。そして、コンポを交換して今のままでは実力不足かもと感じたら、ケーブルの交換を検討しよう。

この逆にコンポはそのままでケーブルをどんどん高級化するのは本末転倒である。ハイエンドの定説では高額になればなるほど、音の変化は少なくなる。しかし、その少ない差を追い求めていくのがハイエンドの世界である。コスパを重視するならケーブルだけで1mで何万円もするような製品には手を出さず、自分のシステムに適した長さと、端子の作りの良さと、ケーブル全体の品質を追求しよう。ヘッドフォン用リケーブル以外は試聴する機会はなかなかなく、デザインと野生の勘、そしてメーカーのことを信じて選ぶというギャンブル的な面がケーブル選びにあることを覚えておいていただきたい。

写真・文/ゴン川野

オーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。