小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オーディオ評論家・石田善之氏と家具工房がコラボした10万円の注文生産スピーカー『Ishida model』

2017.12.29

■3cmのブラックウォールナットと1.5cmのラワン合板

「アクロージュ ファニチャー」の代表、岸邦明氏によるとカシミール・ウォールナットという板材は貴重すぎて入手困難なため、現在、手に入る最も響きのいい板材である北アメリカ産のブラックウォールナットを採用。木目を揃えるため1枚の板から2枚のフロントバッフル用の板を切り出しているという。ブラックウォールナットはリアバッフルにも使われ、サイドには1.5cmのラワン合板を使用、さらに黒い革張りで仕上げられる。塗装にもこだわり、2液式のポリウレタン塗装ではなく、内部に塗装を浸透させて表面にはほとんど塗膜を作らず、木の感触が楽しめ、経年変化も楽しめるという。


ユニットは8cmフルレンジのフォステクス『M800』を使用。スピーカーは幅140×高さ225×奥行き215mm、2kgとデスクトップにも置けるサイズだ。

■2種類のフルレンジスピーカーユニットが付属

使われているユニットはフォステクスが「Stereo」2016年8月号の付録のために作った特注品で、同社初のメタルコーンとなる。さらに『Ishida model』購入者特典として2017年夏発売予定の『OMF800P』と呼ばれるメタルコーンにフェイズプラグを搭載したユニットも付属する。7月19日以前にスピーカーを注文された方には、ユニットの発売日以降に別送で発送される。


最初から取り付けられているユニットはフォステクス『M800』。アルミを使ったメタルコーン。


フォステクス『OMF800P』はセンターにフェイズプラグが付いたニューモデルとなる。


高域の位相特性などを改善するためのフェイズプラグ。センターキャップと違い振動板には固定されずわずかなギャップがある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。