人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.07

20~30代ビジネスパーソンのための「スマホ老眼」予防法

アナタの目は大丈夫?チェックリスト付き「スマホ老眼」の予防と対策

ここ数年で、スマートフォンを長時間眺めていることが原因の「スマホ老眼」が、20~30代の若年層に増えていると話題だ。スマートフォンを長時間眺めた後、本や資料の文字を見た瞬間にピントが合わず焦るというものだ。しかし、初期症状に敏感になっていれば、今から予防・改善できる可能性がある。そこで、まずは老眼の初期症状をチェックし、少しでもあてはまった人は、日々の生活の中で、予防策を実施しておこう。

■すでに「スマホ老眼」かも?!老眼の初期症状をチェック!

「世間では“スマホ老眼”などの言葉が飛び交っているが、自分の目はまだまだイケる“と思っている人は注意が必要だ。まだ老眼の症状としてはっきり現れていなくとも、水面下で徐々に進行している可能性もある。そこで、老眼の初期症状にあてはまらないか、チェックしてみよう。

【老眼の初期症状】
・細かい文字が読みづらい
・薄暗いところだと文字がほとんど見えない
・目が疲れやすい
・目がかすむことが多い
・仕事中、頭痛や肩こりに悩まされている

これらの症状に心当たりがあれば、スマホ老眼もしくは、老眼に近づいている可能性が高い。

■「スマホ老眼」の症状と原因は?

老眼とは、目のレンズの働きを担っている「水晶体」が加齢と共に硬くなり、ピント調節機能を担う「毛様体筋(もうようたいきん)」の弾性が低下することで、遠近の調節がしにくくなる状態のこと。新聞や資料など手元の細かい文字が見えにくくなるような、近くのものにピントが合わせにくくなる症状は、誰もが40歳代になれば、徐々に感じることである。

一方、「スマホ老眼」とは、まだ老眼になるには早い20~30代に起きている現象だ。スマートフォンやパソコンなどを長時間眺め続けることで、水晶体を調節する毛様体筋が緊張しつづけてしまい、一時的に近くの物体にピントを合わせにくくなる「老眼」の症状が起きるというものである。

このスマホ老眼の原因としては、毛様体筋のコリやブルーライトの影響などがあるといわれている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ