小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デスクトップで楽しめるDouk Audioの真空管アンプ『Vintage Mini Tube Power Amplifier』が奏でる癒しの音

2017.12.03

●Impression

この真空管アンプはデスクトップの8cmフルレンジスピーカーを鳴らすためのものだ。主に聴いているのはAmazon MusicのJazzのプレイリストである。つまりハイレゾ音源ではない。これを高性能なトランジスタアンプで再生すると、情報量が少ないので音がスカスカに聞こえてしまう。つまりハイレゾ向きのシステムでは、原音再生指向が強いので音源の粗が暴き出されてしまう。真空管アンプは一概には言えないが、中低域に厚みがあって、高域は優しい響きがあり、全体に音色はウォームだ。スカスカな音源の隙間を埋めてリッチな音にしてくれるイメージ。もちろんハイレゾ音源の良さも伝えてくれる。また、真空管を交換することでガラリと音質が変わるので、手軽に好みの音質チューニングが出来る。6V6GTに交換すると音の輪郭がハッキリして、少し清清しい音になった。小型スピーカーと小型真空管アンプで心癒されるBGMを流す。これもまた大人の贅沢ではないだろうか。


センターの真空管ももう少し見栄えのいい物を手配中なのだが間に合わなかった。

写真・文/ゴン川野

オーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

※記事内のデータ等については取材時のものです。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。