人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.29

耳の先っぽが花びらのようにカットされた「さくらねこ」の真実

■連載/ペットゥモロー通信

街の中で、耳の先っぽが桜の花びらのようにカットされた猫を見かけたことはありませんか? そう、その子達が「さくらねこ」なんです。自由気ままに過ごしている耳をカットするなんてかわいそう……、と思った人もいるかもしれませんが、これは、飼い主のいない猫が年間13万匹も殺処分されている現実を改善するための取り組みなんだそうです。

さくらねこの活動を進めているのは、1988年、動物と人の幸せな共生のために設立された「公益財団法人どうぶつ基金」。全国でたくさんの猫が殺処分されるという現実を変えたいという思いから、2004年に「猫の殺処分ゼロ」を目指し「さくらねこ」の活動がスタートしたのだそう。

さくらねこは、飼い主のいない猫を捕獲し、不妊手術とさくら耳のカットを施したのちに元々いた場所に戻す取り組み。猫はとても繁殖力が強く、外猫の去勢・避妊をしなければ、子猫が増え続けることになり、それによって飼い主が見つからず殺処分される不幸な猫がどんどん増えてしまいます。現在、毎年10万匹以上の猫が殺処分されている中、さくらねこを増やしていくことが、今の状況を改善させるベストな方法だと言えます。

不妊手術を受けた猫の耳をカットする理由は、手術を受けていない野良猫と区別をするため。耳をカットされるのって、痛くないの?と心配に思う人もいると思いますが、耳を切るときは麻酔をかけ安全に行なっているので、痛みを感じることもなく、ほぼ出血もないそうです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ