人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まもなく40年!不朽の名車、ヤマハ『SR400』の偉大な歴史を振り返る

2017.11.25


1978 SR400
記念すべき最初期型SR400。フロントホイールは19インチで、キャブレターは強制開閉式、フューエルタンクは現行よりも細く、タンクキャップ形状も異なる


1978 SR500
SRは1999年まで500ccモデルが併売されていた。SR400が低めのハンドルバーにシートカウルを装備しているのに対し、初期型のSR500はアップハンドルに分厚いシートで、重厚な雰囲気を持っていた。


1979 SR400SP
発売1年半後にモデルチェンジ。車名に「SP」がつき、当時流行のキャストホイール(通称:大八キャスト)が装着され、スポーティーな雰囲気となった。


1983 SR400
前年に限定仕様としてスポークホイールが復活したが、これが好評で、1983年にはスポークホイールが標準仕様として復活した。また、フロントフォークにセミエアタイプを採用。


1984 SR400 7周年記念特別モデル
発売7周年を記念して1,000台限定で発売。外装のペイントは職人の手作業による「サンバースト」塗装で、以後、何度かアニバーサルモデルに採用されることとなる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。