人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.16

全く「電動」に見えない最新の電動自転車4選

 映画『ジュラシックパーク』は、当時最先端のコンピューターグラフィック(CG)をフル投入したけれど、観客はコンピューターグラフィックというのをほとんど意識しなかった。華やかなビジュアルではなく、自然な恐竜の姿を表現することを重視したためだ。

 次第に一般化し始めている、電動自転車にも似たような状況が演出されているようだ。

 普通、電動自転車とえいば、バッテリーパックによるぶ厚いチューブフレームと、タイヤについた大きなモーターなどにより、外観からすぐわかるものだ。そんな特徴を、あえて個性としてデザインしたモデルもあるけれど、逆に、電動自転車でありながら、外観がおとなしいモデルを好むユーザーもいる。

■電動自転車に見えない電動自転車
Freygeist"Classic"(フレイジェスト「クラシック」)

 この自転車に乗っていて、誰が電動自転車だと思うだろうか?

Freygeist"Classic"

 ドイツで披露されたこのモデルのコンセプトは、"電動自転車であることを徹底的に隠した、都市型自転車"だ。

 ブルックスの茶色の革サドルとハンドル、シマノの変速機、そしてコンチネンタルのタイヤなどのパーツを見ると、ちょっと上質な自転車といった雰囲気だ。

Freygeist"Classic"

 最大500Wの電力を供給するパナソニックのリチウム-イオンバッテリーを完璧に収納したチューブフレームは、普通の自転車のフレームと、「どこが違うの?」といった感じだ。唯一、視覚的に意識できる部分は、ダウンチューブフレーム部分と、ハブモーターに伸びる電装品と配線だろう。

Freygeist"Classic"

 フレームはアルミ、カーボンフォークにシマノ製の10段変速機を装備して、重さは12kgまでに抑えられた。軽量のためモーターの効率が良くなったことはもちろん、バッテリーを放電しきった後、ペダルだけで漕ぐのもラクだ。

 それだけでなく、競合モデルに比べて、大型のバッテリーパックを採用しており、電動での走行可能距離も70〜100kmに達する。

 最高速度は25km/h。ただし、バッテリーはフレームと一体型なので、自転車を充電するコンセントへ直接つなげなければならない。 完全充電するには3〜4時間を要する。価格は3990ユーロ(約45万8000円前後・2016年11月2日現在)。

https://www.freygeist-bikes.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。