人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.15

80年代、250cc4気筒のレーサーレプリカに皆が熱狂した理由

 45馬力。この数字にピンときたなら、ぜひ読み続けていただきたい。

 原チャリに乗ったら、次は普通2輪免許を取って、250ccのレーサーレプリカバイクに乗るのが、男の子の王道だったあの頃、選択肢は2つあった。ひとつは2ストロークエンジンのバイク。もうひとつが4ストローク4気筒エンジンのバイクだった。

 車検が無い250ccバイクは若者の味方。それでいて水冷4気筒マルチバルブDOHCという複雑なエンジン。さらに、集合管を着けたときのエンジン音は、今のF1よりもセクシーだった。

なぜ'80年代に250cc4気筒レーサーレプリカが生まれ、みな熱狂したのか?

 上は「CBR250RR」のエンジだが、レッドゾーンはなんと1万9000回転から! V8、V10時代のF1エンジン並だ。1気筒あたり62.25ccの排気量なので、まるで原付のエンジンを4つ並べたかのような、精緻極まるもの。これが、「2ストキラー」と呼ばれた、250cc4気筒エンジンなのだ!

 なぜ、このようにアツいエンジンを持つ、レーサーレプリカバイクが誕生したのか? その歴史を紐解いてみよう。

■250ccのレーサー化が進んだのは、こいつらが速かったから

 今思えば怖ろしい、レーサーレプリカ現象。当時を知らない人にわかるよう、強引に説明するなら、街中をF1マシーンが走り回っているようなものだ。

 その先駆けになったのは、1980年に発売されたヤマハの『RZ250』(350もあった)だろう。

なぜ'80年代に250cc4気筒レーサーレプリカが生まれ、みな熱狂したのか?

 並列2気筒水冷2ストロークエンジンは247ccの排気量から最大35psの出力を発揮。モノクロスサスなど足回りは当時の市販レーサーTZ250をイメージさせた。現在、中古車相場はプレミアムがつき跳ね上がっており、程度の良いものだと100万円を超すものも珍しくない。状態により150万円以上の中古車もある。気軽に買うには敷居が高くなってしまったようだ。

 しかし、初代RZ250はネイキッドであった。まだ“レーサーレプリカ”と名乗るまでではなかっただろう。レーサーレプリカブームに火を点けたのは、1983年に発売されたスズキの、『RG250ガンマ』なのだ。

なぜ'80年代に250cc4気筒レーサーレプリカが生まれ、みな熱狂したのか?

 並列2気筒水冷2ストロークエンジンは、最大45psを実現。量産車世界初のアルミ角形パイプフレーム「AL-BOX」に搭載され、乾燥重量は131kgと軽量。オプションだが、市販車初のフルカウルも装備でき、フロント16インチホイールなど、当時のGPレーサーそのものといったハイスペックで、売れに売れまくった。

 刺激を受けた他メーカーもこれに追随。1985年にはヤマハからも、フルカウルの2ストロークレーサーレプリカ『TZR250』が登場した。

なぜ'80年代に250cc4気筒レーサーレプリカが生まれ、みな熱狂したのか?

 そして、ホンダはとうとうV型2気筒2ストロークエンジン搭載の『NSR250R』を1986年にデビューさせた。

なぜ'80年代に250cc4気筒レーサーレプリカが生まれ、みな熱狂したのか?

 フロントシートとリアシートは切り離され、ハンドルは低い位置に取り付けられている。「どうやってタンデム(2人乗り)するの?」と、子供ゴコロに感じたことを思い出す。今思えば、『NSR250R』のあたりからレーサーレプリカは、レーサーそのものだった。ライダーもレーサーのような革ツナギを着用していた。本物のレーサーのようなスポンサーカラーで着飾っていても、変だと思わなかった。そういう感覚になっていたことが、すでに変だったのかもしれない。

 カワサキも『KR250』をリリースするなど、国産バイクメーカー4車はこぞって、レーサーレプリカを各社の看板モデルとして販売。街にレーサーレプリカがあふれることとなったのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。