人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.11.10

「真空管オーディオ・フェア」で見つけた傑作選

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

そろそろ人肌が恋しい季節。暖房器具なみに暖かく、心も癒される真空管アンプの季節だが、みなさんいかがお過ごしかな? 普段はなかなか試聴できない真空管アンプが一堂に会する「真空管オーディオ・フェア」が10月8日、9日に開催された。最近、気になる直熱三極管300Bシングルアンプを中心に取材を敢行した。

■Amplifier

48社が出展する「真空管オーディオ・フェア」は秋葉原損保会館と第2会場のホテルステイズ御茶ノ水の2個所で行われた。別会場は道路を隔てたビルで容易に往復できる距離である。出展しているのは真空管アンプメーカーばかりでなく、スピーカーメーカー、トランス、抵抗などのパーツメーカーまで参加している。さらに会場内は物販もおこなわているため、特価品を求めて大勢の人で賑わっていた。この辺りはヘッドフォン祭と変わらない雰囲気だ。ちなみに入場料は2日間有効で500円。

もちろん主役は真空管アンプメーカーである。なかでも最も広いブースで展示と実演をおこなっていたのが「ザ・キット屋」を展開するサンバレーである。以前から気になるキットメーカーだったがショールームが愛知県刈谷市にあるためカンタンには試聴できなかった。それがフェアに行くだけで、全てのモデルに触れ、多くのモデルの音が聴けるのだ。本サイトでも紹介予定のエレキットの『TU-8600』も真空管レスと真空管付きで販売している。このキットは数量限定なので欲しい人は急がないと、ほぼメーカー在庫切れ状態であるという。さらに製作記事掲載予定の『SV-S1616D/300B仕様キット』も展示されていた。次回はぜひ大橋慎氏の講演も聞きたいのだ。


『SV-S1628Dキット』13万9320円(税込)。845または211を使うシングルパワーアンプで、845を使った場合は出力16W+16Wが取り出せるというシングルの中では大出力アンプ。キットは全て真空管レスの価格を表示。


『SV-P1616D/300B仕様キット』10万2600円(税込)。300Bを使ったプッシュプルアンプ。18W+18Wの出力が取り出せる。実用出力では純A級動作。難易度の高い部分は基板化され作りやすくなっているキットである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。