小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドラえもんが現代アートに!?見どころ満載の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

2017.11.08

◆山本竜基「山本空間に突入するドラえもんたち」
(キャンバス、アクリル)

山下教授「山本さん自身の頭がたくさん描かれた“山本空間”に突入するドラえもん。以前の山本さんはもっと坊主頭に近く、彼の頭がたくさんある中へドラえもんが突入していく。最初の画像を見たときはもっとフラットかなと思っていたが、できあがった作品を見るとずいぶんと凹凸がある出来栄えになっている」

山本さん「映画『のび太の恐竜』がモチーフ。タイムマシンが故障して白亜紀のアメリカに突っ込んでいくという話だが、逆に僕の世界に来て欲しいなと思って、脳みそにがーっとドラえもんたちが入ってくる感じを出したかった。そこで止めておき、この後にどんな展開があるのかワクワクさせるような絵にしたかった」

【AJの読み】身近なドラえもんが現代アーティストの手で別次元に変換された世界

 誰もが知っているドラえもんがアーティストの手により変換されると、ここまで深く面白い世界が展開されることを実体験できる。紹介した以外にも増田セバスチャンのカワイイ要素で構成された巨大な立体「さいごのウエポン」(下記画像左)や、バイオテクノロジーで進化した猫と人間が融合したような、小谷元彦「救世銅鑼エ門」(同右)、しりあがり寿の映像作品「万事解決!劣化防止スプレーの巻」などなど、さまざまな表現を用いたドラえもんの世界を堪能できる。ぜひともゆっくり時間をかけて鑑賞してほしい。

 

 展示会会場には公式図録や300以上のオリジナルグッズを販売する特設ショップや、会場に隣接するカフェ「THE SUN」では同展とのコラボメニューも展開。期間限定メニューもあるので詳細はサイトでチェックを。

文/阿部 純子

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。