人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない万年筆の正しい使い方と手入れ

2017.10.29

01. ペン先ではなく軸側を持つ

「万年筆は、ボールペンなどのほかの筆記用具と違って、それほど筆圧を必要としません。疲れないんですね。力を入れたい時は、おそらくペン先に近いほうを持つと思うのですが、万年筆でしたら、軸側を軽く持つだけで、サラサラッと書くことができます。『これが万年筆の流儀だ!』という決まりがあるわけではありませんが、私は万年筆の軸側をやさしく持つようにしていますね」

ペン先ではなく軸側を持つ

02. ペン先の位置は常に上向きにする

「万年筆を使う方が、間違うことはおそらくないと思いますが、万年筆のペン先は常に上向きにして使用します。逆向きで使用しないようにしてください。万年筆のペン先はとてもデリケートなのです。万年筆を選ぶ際も、ペン先は重要です。ペン先は素材によっても感触が違いますし、ペンによっても硬さがそれぞれ違います。試し書きしながら自分の好きな書き味を見つけてください」

ペン先の位置は常に上向きにする

03. ボールペンの時より力を抜いて書く

「写真は、力を全く入れず、万年筆を動かしているところです。このように、ペン先が紙に触れているだけで書くことができるんですね。軽く素早く書ける、というのは、万年筆の最大の特徴で、私の場合で言いますと、思考の回転速度についてきてくれるんです。かつての文豪たちが、こぞって万年筆を使っていた理由がよくわかります。私も、草稿は必ず万年筆で書くようにしています」

ペン先の位置は常に上向きにする

04. お手入れは水洗いだけで意外に簡単

「万年筆のお手入れは、難しそうに見えますが、それほど手がかかりません。一番のお手入れ方法は、実は“使い続けること”だったりします(笑)。使わないでいると、ペン先のインクが固まってしまうことがありますが、これも、水洗いをすればまず大丈夫です。インクが落ちにくい時は、紙コップの中にぬるま湯を入れ、そこにしばらく浸しておけば、きれいになります」

ペン先の位置は常に上向きにする

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。