人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない万年筆の正しい使い方と手入れ

2017.10.29

使い慣れた万年筆ユーザーでも意外に知らないのが、基本的な使い方。持ち方ひとつでも知れば書き心地が劇的に変わります。書く楽しみも120%アップする「基本のき」を文具のプロである、文具コンサルタントの土橋正さんに教えていただきました。

◎万年筆は書き手の感情を伝える道具

 文具コンサルタントの土橋正さんいわく、「これほど書いた時の気持ちよさが、ダイレクトに伝わるものはない」という。

「しかも、万年筆で書くとインクの濃淡が出て、それが味わいになる。字のつたなさを覆い隠してくれるというか、そういう包容力が万年筆にはあります」

 では文具コンサルタントならではの、選ぶコツとは?

「サインに使うのか、礼状に使用するのか、しっかりと用途を決めてから買うことが大事です」

 試し書きの際は、2つのことに留意すべきと土橋さんはいう。

(1)座って書く。

(2)自分が使う想定をしている用紙を持っていき、それに書く。

「限りなく実際の状況に近づけて選ぶ、ということが大事なんですね。万年筆は、正しく使えば一生使えますから、自分に合った万年筆を探してください」

土橋さんの20年愛用のペン先
使うほど万年筆は手の一部に。土橋さんの20年愛用のペン先は、わずかだが平らになじんでいる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。