人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一度廃止されたJR可部線の可部~あき亀山間が復活した理由

2017.10.25

■エレベーターつきの跨線橋


高齢者や身障者に配慮したエレベーターつき跨線橋。

河戸帆待川―あき亀山間で目につくのは、エレベーターつき跨線橋だ。鉄路復活区間では、踏切を3か所に絞った。

跨線橋は旧四日市第3踏切付近に設置。安全確保のため、線路の両脇にフェンスが設置された。可部四日市簡易郵便局側だと、“どこを歩けば跨線橋にたどり着けるのか?”という、わかりづらい難点がある。


河戸駅跡地。

四日市踏切(旧四日市第6踏切)は、かつて河戸駅が所在し、先述した通り、広島市はここまでの直流電化を望んでいた。今回の鉄路復活に伴い、ホームは撤去されたが、駅舎と駅名盤は、あき亀山駅から徒歩5分のふたたびの宮に移設された。

■新しい終着駅、あき亀山


あき亀山で発車を待つ上り列車。


クルマの送迎に対応したスペース。欲を言えば、広島交通バスの荒下県営住宅停留所をここへ移転及び改称して、乗り換えやすい環境を整えてほしい。

あき亀山は、県営荒下住宅跡地の一角に設けられた無人駅。留置線があり、翌朝の運行に備えている。これに伴い、可部は旧1・2番のりばがお役御免となった。蛇足ながら、現在の可部駅1番のりばは、旧3番のりばの上りホーム。2番のりばは、新設の下りホームである。

あき亀山駅前には、駐輪場やタクシープールが整備されている。2022年には安佐市民病院が、この付近に移転される予定だ(一部の医療機能は、現在地に残す)。クルマを運転できない人にとって、“エキチカ病院”は「朗報」と言える。

近くには市立亀山中学校があるほか、駅周辺では宅地開発が進められている。可部―三段峡間の廃止後、安佐北区の人口が増加しており、今回の鉄路復活につながった。


2度と列車が走らない線路は、永久に残すのだろうか。

あき亀山から先の鉄路復活はない。しかし、ここから先は廃線のレールがまだ残っていた。“素敵なモニュメント”として、これからも後世に語りかけるかのように。

取材・文/岸田法眼

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。