小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗車券だけで特急車両に乗れる超快適な常磐線のスーパー各停「651系普通列車」

2017.09.16

■普通列車用グリーン車よりグレードの高い座席

 

座席をあらかじめ向かい合わせにセットされるより、どの席も進行方向にセットされたほうが、快適であることは言うまでもない。

651系普通列車は遺憾なことに、一部の席を除き、座席を向かい合わせにした状態で営業運転に就いている。竜田の折り返し時間が約7分と短く、乗務員などが座席の向きを変える余裕がないこと、リクライニングを元に戻さず列車を降りるマナーの悪い乗客への対策が理由なのだろうか。

せっかく、特急形電車使用の普通列車なのだから、ひとり旅やふたり旅などで乗車する際は、進行方向の席に坐ろう。向きを変える場合、座席下のペダルを踏めばよい。

座席の背面にはテーブルが収納されており、それを引き出すと飲食に不自由しないほか、ノートパソコンを置いてデスクワークもできる。ただし、座席にコンセントはない。


車窓から太平洋を眺める。いつまでも穏やかな海でありますように。

この場合、下り列車は奇数番号の席、上り列車は偶数番号の席(1号車の13番席、2号車の17番席を除く)に坐るのがオススメ。車窓からの眺めを心ゆくまで楽しめる。特にA・B席は、時折姿を現す太平洋を存分に眺められる。


特急形車両の普通車では珍しい読書灯。

座席の上には読書灯があり、ボタンを押せば点灯する。読書のほか、ノートパソコンでのデスクワークにも重宝するだろう。

特急形電車の普通車としては、現在でもグレードが高く、現行の常磐線特急車E657系や普通列車用グリーン車より坐り心地がいい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。