人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【さとうみつろうのサラリーマン相談室】テキパキ仕事をこなす人とダラダラしている人の給料が同じなのは納得できません。

2017.08.29

及川「たぶん、『優秀な自分』というセルフイメージだと思います。だって、隣の部署の鈴木先輩と心の中で比べたら『仕事のできない自分』というイメージになっちゃいますから」

みつさん「そう、それが結論だ。君は、『優秀な自分』というセルフイメージを創りたいと日頃から考えている。すると無意識に『優秀な自分』になるためのあらゆる出来事を引き受けようとする。

 上司が君に多めに仕事を与えるのは、実は君が心の奥でそれを望んでいるからなんだよ」

及川「僕が望んでいる? いや、僕は不公平は嫌いです! どうして同じ給料で、僕だけ仕事を多めにこなさないといけないんですか」

みつさん「自分自身に聞いてごらんよ。『優秀な人』の定義を。優秀な人ってのは、仕事を多めにこなしている人のことだ。君が、そうなりたがっているだけじゃないか」

及川「で、でも、不公平です!!」

みつさん「じゃあ、公平になればいいじゃないか。

 公平とは、何だろうか? 優秀も、落ちこぼれもない世界のことだろ? みーんな、横一直線。そんな『公平』の世界を目指したいなら、君が『優秀』になろうとするのをやめればいいじゃん。『優秀』になろうとしなければ、『落ちこぼれ』も発生しない」

及川「仕事の手を抜けってことですか?」

みつさん「違う違う。比べるのをやめればいいだけさ。心の中で勝手に隣の席の先輩と比べるから『優秀』に見えるだけであって、比べることを今すぐやめたら、その瞬間に君は『優秀』でも『落ちこぼれ』でもなくなるよ」

及川「でも、現実問題として僕だけ多くの仕事を与えられています!」

みつさん「だから、比べるから『多い』と思うだけでしょ?

 隣の部署の先輩と比べると、仕事量は『少ない』じゃないか。ボルトと比べると足の速さは『遅い』じゃないか。どうして、ボルトや隣の部署の先輩とは比べないのに、隣の席の人とばかり比べたがる? やはりそこには、自分が好きなようにセルフイメージを構築したいという意識があるじゃないか。

 比べちゃダメだ。比べるとセルフイメージがガチガチに固まってしまう。そのセルフイメージのせいで、自分自身が一番苦しんでしまう。誰とも比べなくなれば、そこには『多い』仕事もないし、『少ない』仕事もない。ただ、仕事があるだけだ。

 勝手に隣の席の人をピックアップして、不公平を創り上げているのは、君の意識じゃないか」

【今週のみつさんの智慧】

誰かと比べない限り「セルフイメージ」は構築できない。そして、「誰と」比べるかは常に自分が心の中で勝手に選んでいる。ということは、「こうなりたい」という理想像が先にある。その理想像のせいで自分が一番苦しむことになるので、誰かと比べることを今すぐやめて理想を手放そう。

さとうみつろう●大学卒業後、エネルギー系の企業に入社。2011年、ブログ『笑えるスピリチュアル』を開始。様々なブログランキングで1位に。14年に会社を辞め、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催。現在は那覇市在住。http://ameblo.jp/mitsulow/

営繕さんの幸せドリル あなたのそばにいる会社の〝神さま〟
■最新作

 『営繕さんの幸せドリル あなたのそばにいる会社の〝神さま〟』
 (小学館、1389円)絶賛発売中!

※この連載は実際のDIME読者からの相談で構成しています。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。