人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.26

プロが教える神家電!タテ型洗濯機に「バブル」が到来ってホント!?

■連載/安蔵靖志の「ワーママ&パパにっこり神家電」

Q.タテ型洗濯機はバブル時代なんですか?


東芝「ザブーン」シリーズに搭載している「ウルトラファインバブル」は、目に見えない泡が水に溶け込んでいるのが大きな特徴だ

A.安蔵プロ:「気になるトレンドになってきたのは間違いないですね。各社ともさまざまな特徴で自社の強みを打ち出しています。例えば日立は『ナイアガラシャワー』、シャープは『パワフルシャワー』と、洗剤液を浸透させる『シャワー』を前面に押し出しています。それに対してパナソニックは『泡洗浄』を打ち出していたのですが、東芝が今回の新モデルで『ウルトラファインバブル洗浄』を打ち出しました。時代によって打ち出し方が変わってきているのですが、『泡』というのは今注目したいトレンドですね」

Q.「泡」がなぜいいのですか?

A.安蔵プロ:「洗濯機の汚れ落ちの良さは、衣類の繊維の奥まで洗剤液をいかに浸透させるかが勝負になります。洗顔のときに洗顔料を泡立てた方が汚れ落ちがいいですよね? 洗剤の中に含まれる『界面活性剤』(洗剤の主成分)が汚れに接する面積が、泡立てた方が広がるというわけです。東芝の『ウルトラファインバブル洗浄』は、目に見えないくらい細かい泡を水に溶け込ませることで、界面活性剤の働きをアップさせるというものです。どちらも『泡の力』というわけですね」

Q.洗濯機は現在タテ型とドラム式がありますが、タテ型洗濯機の魅力は何ですか?

A.安蔵プロ:「『汚れ落ちの良さ』ですね。今はドラム式洗濯機とほとんど違いはないと言われますが、そうはいってもやはりタテ型の方が汚れ落ちは上です。乾燥機能の性能や使い勝手、節水性はドラム式の方が上ですが、お子さんがいて泥汚れの付いた衣類などを洗うことの多い家庭では大活躍します」


2016年10月に行われた日立「ビッグドラム」シリーズの発表会の模様

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。