人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.08.15

外遊びを身軽に楽しむ!超軽量アウトドアギア17選

軽い=使い勝手が悪いは、昔の話。近頃のアウトドアギアは、軽くても機能性が高いが当たり前。そこで、軽量なギアでフィールドを楽しむ〝ウルトラライトハイキング〟を提唱する土屋智哉さんに、おすすめのギアを紹介してもらった。

ウルトラライト

フィールドでは軽さは正義

◎自然との距離を近づける〝ウルトラライト〟の発想

「軽量化の歴史はアウトドアの歴史そのもの。何も新しい概念ではないですよ」

 そう語るのは、軽量ギア専門店、ハイカーズデポの土屋智哉さん。学生の頃からフィールドに出る際は、歯ブラシの柄を折るなどの軽量化を図っていたという。確かに、登山などで厳しい状況になれば、軽さによって命が助かることはある。軽量絶対主義と言ってもいいアウトドアの世界だが、10年ほど前の〝ウルトラライト(以下UL)ハイキング〟というムーブメントが、さらに軽量化を推し進めた。

「ちょうどその頃、4000km以上を踏破するロングトレイルが流行り始めました。半年もかかるので、家財道具一式を背負って歩くんですよ。それを機に、あらゆるギアの重量が見直されたのです」

 そのあたりからの技術の進歩はすさまじいものがあった。金属でいえばチタン製品が当たり前に登場し、さらに、軽く、強靭なナイロンによりテントやバックパックも軽量化された。

 しかし、土屋さんが考えるULは、ただ単に軽いギアを集めて楽しむことではない。ULなギアを使うことで、自分と自然との距離感を調節しながら楽しめる、というのだ。

「僕らはフィールドに出て、タープだけ張って寝ることもあります。そうすると地面や空と一体化した気持ちになるんです。自然との距離がグッと近づくんですよね。でも『そんな野宿はいやだ』というなら、重くてもしっかりしたテントを持っていけばいい。食事は妥協できないなら、ほかを軽くすればいい。基本は楽しむことですから、全部でも、一部でも軽くシンプルにすることで、自然との距離を近づけて楽しんでほしい。それがULの醍醐味です。ULの考え方って〝ミニマリズム〟にも通じるものがあるかもしれない。シンプルにすることで、豊かになることがある。それに気づくと人生が変わるかもしれないですよ」

土屋智哉さん
Hiker’s Depot 店主

土屋智哉さん
ウルトラライトなアウトドアギア専門店を営む。ただ「軽さ」を求めるのではなく、その先にある自然とのつながりを楽しむ求道者でもある。
●東京都三鷹市下連雀4-15-33 日生三鷹マンション2F 営業時間/12:00〜20:00 定休日/火曜

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。