人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

蚊に刺されると最もかゆい場所はどこ?

2017.08.16

「蚊よけ」に関するアンケート調査

 対策方法は「蚊取り線香」41.5%と「液体蚊取り器を使う」40.9%が圧倒的で、この2つが主力対策であることがうかがえる。以下、「殺虫剤を散布する」22.2%、「肌用の虫よけスプレーを使う」19.6%、「液体蚊取り器(プッシュ式)を使う」19.1%、そのあとに「窓を閉め切る・極力開けない」18.5%と続き、何かしらの薬剤(またはそれに近い物)を利用して蚊よけ対策をしている人が多いようだ。「蚊帳を吊る」に関しては、1.3%と利用者は少なかった。

不要?徹底的に? 自治体に求める「デング熱対策」

 昨年、東京都の代々木公園を中心に感染が広がった「デング熱」。数十年ぶりの国内感染で不安と心配も広がった。そこで、今年、お住まいの自治体にデング熱対策で求めることを自由回答で尋ねたところ、「蚊やボウフラを駆除してほしい」・「発生環境から絶ってほしい」という、『駆除と発生を防いでほしい』という意見も多かったが、「情報公開」や「調査」を求める意見も多かった。

 一方、対策しなければならない範囲の広さや蚊の量の多さから、「自治体での対応は難しい」と感じている人も多い。また、「そんなに騒ぐ必要はない」、「過剰な対策は不要」という声、「自分の地域は蚊が少ない為、不要」という声もあった。『徹底的に』という人もいれば、『対策は難しいから不要』という人もおり『自治体がデング熱の対策をすること』について意見が割れた。

■調査概要
調査方法 :インターネットを利用した市場調査
調査期間 :2015年5月7日〜5月22日
有効回答数:DIMSDRIVEモニター6003人

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。