人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.29

梅雨の時期にできやすい「あせも」を防ぐ方法

梅雨といえば、ジメジメした日が続き、洗濯は部屋干しになる上に、弁当は腐りやすくなる。何かと気を配る必要のある項目が増えるが、加えて、肌のことにも気を配りたい。

梅雨によく起こりやすい肌トラブルに「あせも」がある。その理由と共に、予防・対処法を皮膚科医に聞いた。

■梅雨に「あせも」ができやすい理由

梅雨の時期はなぜ「あせも」ができやすいのか。しのぶ皮膚科院長の蘇原しのぶ先生はこう語る。

「あせもは大量の汗をかくことで、汗の出る汗腺に汗がたまってしまうことで起こります。汗を大量にかくのは気温が上昇しはじめる6月頃から。特に梅雨に増えるのは、湿度が高いため、汗をかいても乾きにくく、汗腺がつまりやすいためです。あせもは高温多湿のときにできやすいのです」

実際、梅雨時期はしのぶ先生が院長を務めるしのぶ皮膚科にも、あせもの患者が増えるという。

ところであせもといえばかゆいイメージがあるが、かゆくないあせももあるそうだ。

「よく背中にできる、宝石のようにキラキラした白いあせもである『水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)』のように、かゆくないものもあります」

赤いあせもだけでなく、白いあせもにも注意が必要だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ