小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

売れ行き好調の『Galaxy S8/S8+』を1週間使い倒してわかった○と×

2017.06.25

■カメラの画質も高く、小技の利いた機能も満載

 誤解を恐れず言えば、カメラはGalaxy S7 edgeから大きな進化がない。デュアルピクセルCMOSセンサーを搭載しているため、オートフォーカスが非常に速いが、センサー自体は同じものだ。ソフトウェアは改善されており、より手ブレが発生しづらいものの、前の機種が登場してから1年経っていることを考えると、もう少し大きなジャンプがほしかった。

 一方で、画質自体は非常に高く、暗い場所でも被写体をしっかり捉えることができる。室内で撮った写真を見ても、ノイズが非常に少なく、手ブレもしっかり防げている印象だ。風景写真や人物写真がキレイに撮れるのはもちろん、料理の写真も、色味がいい。ちなみに、料理モードは、中心部分以外にボカシをかけることができるようになっており、より撮りたいものを強調できる。カメラは地味ながらも、着実に進化している印象だ。


Galaxy S8+で撮った風景写真


オートで撮っても、色味がいい


料理モードでは一部に焦点を当てることが可能

 細かな点では、使い勝手を高める機能が充実しているのもうれしいポイントだ。たとえば、画面下に表示されるソフトウェアキーは、設定で左右のキーを入れ替えることが可能。Galaxyは従来から、一般的なAndroidスマホとは「戻るキー」と「アプリ履歴キー」が逆に配置されていた。Galaxy S8+では、これをGalaxy仕様のままにするか、Android標準に変えるかを選択できる。


左右のキーは、入れ替えることができる

 Galaxy S7 edgeのころから継続して搭載されている機能だが、ゲームアプリを多用する人には、「Game Launcher」が役に立ちそうだ。Game Launcherはゲームと思われるアプリを自動でまとめてくれる、文字通りのランチャーだが、プレイ中に通知を抑制したり、チップセットのパフォーマンスを変更したりといった設定も同時に行える。ゲームプレイ中の映像を記録できるのも、このGame Launcherの機能だ。


Game Launcherで、ゲームをより楽しく遊べる

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。