人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.09

「とりあえず、ビール」の次はコレ!新習慣「酒後酒」のススメ

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~ 「とりあえず、ビール」の次はコレ!新習慣「酒後酒」のススメ

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 ビール好きのみなさん、外飲み家飲みに限らず、何時間飲んでも延々とビールオンリーで通す派、途中で切り替える派、どちら? これこそなんの流儀もないわけでフリーダムに楽しめばいい。体調にもよるだろうし、食べるモノで変えたくもなる。酩酊具合も関係あるし、口説きという重要なミッションにおいてとの必然もあるはず。

 ではアフタービールはなんにするか? 僕はこれからこれを「食後酒」ならぬ「酒後酒」というネーミングで新提案していきたい!

 世界のお酒は多種多様、よりどりみどり五月みどり、知らない場合は海老名美どり。

 しかしここで、度数の低いものだと、ビールのあとには向いてないなと僕は思う。ビールと料理でお腹が満ちているはずだし、あとはほどよく心地よい酩酊感を持続させつつ舌で少しずつ味わうお酒が向いている。

 ベーシックなものならウイスキー。あとは、ブランデー、ジン、ラム、テキーラ、ウォッカなどはいいよね。

 僕はこのラムが好き。ボトルデザインがたまらないという、ビジュアルも重視志向。品のある甘味がたまらない。

 
[ビール以外系]
■ロン サカパ 23
(グアテマラ 度数.40% 750ml)

 さすがにワインや日本酒は、ビールあとにはオススメしない、というかあまり飲む気にならないのではと。度数的にも弱いしね。

 焼酎もさほど度数は高くないが、味わい的にはさっぱりしているので、ハマっていると僕の舌は叫んでいる。

 焼酎やウイスキーを炭酸で割ってチューハイやハイボールにするのは、度数的にビール以下になったりしかねないが、飲みが長丁場になるなら合っていると思う。まさに僕はそうしてるし。ただし、濃い目にしてもらう。

 僕は、外だと半半ぐらい。家なら晩ご飯中は必ずビール後は切り替え。20代の頃、先生宅の飲み会で、1人だけビールだったときに、夕方から朝まで瓶ビール飲み続け、大瓶1ケース(20本)開けたこともあったが、もはやそんなパワープレーは到底無理。おお美味しかったとビール神経中枢が満ち足りれば、強めのお酒にチェンジだ。

 外の場合は、どんな店にいるかによって、何をチョイスするかは変わる。

 居酒屋および和食系なら、焼酎。ロックではなく「常温のストレートと氷ナシのお水を別に」で必ず。それも香ばしい系麦焼酎にこだわる。そのへんは以前連載でも書いた。

香ばしい麦の香りがたまらない!ビール好きに飲んでほしい麦焼酎(2016.06.27)

 バーやパブなら、最近はラムが多い。これもストレートで、「常温のストレートと氷ナシのお水を別に」で。

 ベルギービール専門店の場合は、ビールのままで、「トリプル」など度数高め、ボディ重めのものをちびちびと、という感じ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ