小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

韓国で人気沸騰!自動クリーニング機『LG styler』はなぜ売れているのか?

2017.05.30

 では、韓国の一般的なユーザーはどのようにスタイラーを使っているのだろうか? 実際にスタイラーを購入して利用しているご家庭の様子をうかがってみた。

 まずは、保育園に通うお子さんをお持ちのナ・ジュヨンさんから話を訊いてみた。

 ナさんはメーカーで部長職を務めるキャリアウーマン。ご主人も営業職で忙しくする、共働き家族だ。ご主人は仕事柄接待などの機会が多く、週に2回もスーツをドライクリーニングに出さなければいけなかったそう。週に約2000円ほどもかかっていたため、スタイラーを知ったご主人が珍しく、自ら家電を欲しがったそう。スタイラーを購入した結果、かかる費用は1/4の週500円ほどとなり、手間もかからなくなった。

 以来3年間使い続けてきたが、4歳になる息子のホ・ユンソン君は最近、服の好みがはっきりしてきて、毎日同じジーンズなどをはきたがるそう。親としては清潔を保ちたく不安だったが、スタイラーを使えば除菌などができ、しかも洗濯しすぎで色落ちする心配もなくなった。今ではご主人はクローゼット同様に使い、息子さんも帽子などを気軽に「スタイラーしている」そうだ。

 続いて、韓国の「ゴールドミス」、チョ・ヨナさんに話をうかがう。

 ゴールドミスとは、独身キャリアウーマンのことを意味するのだそう。忙しく働くチョさんは仕事で帰宅が遅くなりがちで、週末にドライクリーニングへ行くのが精一杯だったそう。ブラウスのシワや黄砂の時期のアレルギーなどに悩まされていたが、今では化粧台の横に置き、毎日スタイラーしているそうだ。

 週末は外出することが多いチョさんは、Wi-Fiを使って遠隔操作をしている。日本のスタイラーはWi-Fi対応していないが、予約機能で代用できるとのこと。「家に居なくてもスタイラーする」のが、ゴールドミスならではといえるかも。

 最後に新婚家庭のキム・ドンヒョンさんのお話をうかがう。キムさんは共働き家庭。スタイラーがなかった頃は、スーツをベランダに干したり、除臭剤を使ったりして、会食で付い肉の臭いを消していたという。加えて奥さんはアレルギーに悩まされていたそう。

 それがスタイラーすれば簡単に除臭、除菌などができるから、今では毎日使っている。また、ワイシャツを乾燥機替わりに干したり、もはや手放せない家電になったんだとか。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。