小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「あたりまえ体操」を世に送り出した音楽クリエイターが当たり前にやっていること

2017.05.12

■運命的なアクシデントが積み重なって出来上がる作品を追求したい

井上:最後に、今後の目標をお聞かせください。

樋口:音楽制作を請け負う以上、もはや「個人的にこのような曲がやりたい」というレベルではないです。この時代の、この瞬間の、この状況でしかできなかったものを最大限に提供していきたいですね。

井上:ちょっと難しいお話ですね。具体例はありますか?

あたりまえ体操

樋口:「あたりまえ体操」で例を挙げますと、たいていの芸人さんは常に斬新な発想を追い求め続けています。しかしCOWCOWさんは「あたりまえのことをあたりまえに言う」ことに挑戦しました。さらに、表舞台に出ないはずの私(「あたりまえ体操」は樋口さんが歌唱している)が作品を歌い上げるという(笑)。あれはもはやアクシデントのようなものです。アクシデント的に生まれた作品が、結果的にヒットしました。

井上:「あたりまえ体操」は偶然が重なって出来上がった作品だったのですね。偶然がなければ、何か一つでも条件が狂えば、あのヒットはなかった。

樋口:「どの時期に」「どの企画で」「誰が担当して」といった、直前まで予想できなかった状況に放りこまれて、限られた時間の中で楽曲を作り上げる。そんな作品を残し続けていきたいと思います。運命的なアクシデントが積み重なって出来上がる作品があります。それを楽しんでいきたいですね。

 いかがだろうか。今回の取材を通して、物事の核心をとらえた樋口太陽さんの考え方が印象に残った。樋口さんによると、音楽制作を通して得られるライフハックは今も生まれ続けているらしい。「60代70代までライフハックは生まれ続けると思います」と笑いながら語ってくれた。現在、32歳。果たして30年後、樋口さんはどんなライフハックを提案してくれるのだろうか。

取材・文=いのうえゆきひろ


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。