人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.14

転職による年収のアップ額、6割以上が○○万円以上

 転職の際に、年収アップを希望する人は多い。では実際に年収がアップして、転職を成功させた人はどれくらいいるのだろうか。エン・ジャパンが以前、同社が運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』上で、サイトを利用しているユーザーを対象に「年収アップ転職の実現」についてアンケートを行なったところ(※631名から回答)、転職経験者の2人に1人が、転職を機に年収アップを実現していることが判明。転職での年収アップ額については、6割以上の人が「100万円以上」と回答。年収を上げるために意識したことは「スカウトオファーが来た企業」への転職という声が多く聞かれた。また年収を上げるために必要な能力は「課題を設定し、達成に向け臨機応変に対応する力」「相手の意図を理解し、調整をはかりながら周囲を納得させ仕事を進める力」「豊富な知識・ノウハウ」という意見が多いことがわかった。

■転職経験者の2人に1人が、転職を機に年収アップを実現

 転職経験のある人に、転職を機に年収が上がったかを聞いたところ、50%の人が「上がった」と回答した。また、年収アップ転職を実現した人に、実際に上がった金額を聞くと、62%の人が「100万円以上」と回答。年収別で見ると、年収500万円未満の人は「50万円未満」(34%)、年収500万円~750万円未満の人、年収750万円以上の人は「100万円~150万円未満」(500万円~750万円未満:37%、750万円以上:25%)が最多となった。また、年収750万円以上の人は「300万円以上」と回答した人が24%と、4人に1人が300万円以上の年収アップ転職を実現させているようだ。

「年収アップ転職の実現」についてアンケート

「年収アップ転職の実現」についてアンケート

■年収を上げるために意識したことは「スカウトオファーが来た企業への転職」

年収を上げるために転職時に意識したことについて、もっとも多かったのは「スカウトオファーが来た企業への転職」(23%)。レジュメに書かれているスキル・経験を評価されたうえでオファーを受けていることから、給与交渉もしやすく年収アップにつながっているようだ。年収別でみると、750万円以上の方は「スカウトオファーが来た企業への転職」に加え、「業績好調な業界への転職」(31%)、「外資系企業への転職」(31%) 、「現職よりも上の役職提示がある企業への転職」(30%)も他の年代より高くなっている。唯一年収500万円以下の人が他の年収層の人を上回った項目は「急募・欠員補充などの募集をしている企業への転職」(23%)。企業側の採用意欲の高いため、キャリアが浅い方でも年収交渉がしやすいことが考えられる。

「年収アップ転職の実現」についてアンケート

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ