人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.03

英語で話しているのに外国人にイラっとされる7つの理由

実は嫌われている!日本人の英会話中のふるまい7つ

外国人は、日本人との英語での会話中、日本人が気づかないうちにイラっとすることがあるようだ。しかし、英会話についていくだけでいっぱいいっぱいになる初心者にとっては、そこまで思いもよらない。そこで今回は、外国人に嫌われがちな日本人の会話中のふるまいとその対策を英会話講師の方に聞いた。

■日本人の英会話中の嫌われるふるまい7つ

実は嫌われている!日本人の英会話中のふるまい7つ

今回教えてくれたのは、20年以上の教師歴を持つ、英会話イーオンの箱田 勝良さんだ。日本人は英語圏の外国人と会話中、気づかないうちに次のような嫌われるふるまいをしてしまっているという。

1.日本語特有の応答を連発する
「関心したときの『へー』、驚いたときの『えー』、相づちの『うん』など、つい出てしまう日本語特有の応答。一度うっかり言ってしまうくらいであれば問題ありませんが、口癖のように連発すると外国人はイラッとするようです。これらの応答は、外国人には日本語というよりも『音』として聞こえるそうで、とても耳障りなのだとか」

2.会話中に目が合うと視線をそらす
「会話中に目が合ったとき、視線をそらす行為も「何かを隠している」とか「話を聞いていない」という印象を外国人に与えます。日本では、凝視するのはむしろ失礼だといわれるせいか、アイコンタクトが苦手だったり、外国人の基準では少なかったりする人が多いようです」

3.「鼻が高い」など外国人の身体的特徴をほめる
「『鼻が高い』、『顔が小さい』など、日本人と異なる外国人の身体的特徴についてのコメントは、ほめ言葉のつもりでも、たいてい不快に思われているようです。自分の身体の不具合を指摘されているように感じるという外国人もいます」

4.日本語がうまいとほめる・日本食が食べられるか聞く
「簡単な日本語や箸の使い方を褒められたり、刺身や納豆などの日本食を食べられるかどうか聞かれたりするのは不快だという外国人が多いです。背景に『外国人には無理』という思いこみが感じられて、バカにされているように聞こえるそうです」

5.照れ笑いをする
「日本人は恥ずかしいときや困ったときに、照れ笑いをすることがあります。しかし場合によっては『真剣に聞いてない』、『どうでもいいと思っている』というような印象を与えて、不快に思う外国人もいるようです」

6.あいまいな返事をする
「あいまいな返事や会話を続ける気がないような返事を、不快に感じる外国人がいるようです。例えば、『お仕事は何をされているんですか』のような差し障りのないスモールトークは英語では普通のこと。なのに『まあ、いろいろ』とか『その辺の会社です』のようなあいまいな返事をされると、やましい仕事をしているように感じるようです。

『週末は何をしていましたか』に対して、『特に何も』では“コミュニケーションを取りたくない”という意思表示のように聞こえるそうです」

7.個人的な質問をする
「個人的な質問、Are you married?(結婚してるの?)、Do you have a boyfriend?(彼氏はいるの?)、Do you have any children?(子どもはいるの?)、How old are you?(何歳?)などと聞く日本人が多いようで、外国人は不快に感じるとよく聞きます。

英語では、こういったことは親しい間柄でしか話さないことですので、特に初対面の外国人にとっては違和感が大きいようです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ