人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.01

ティッシュをたくさん使う前に!覚えておきたい正しい鼻のかみ方

 本格的な花粉シーズンに突入する。花粉症の方は鼻をかむ機会が増えるだろう。大王製紙が以前、15歳以下の子どもを持つ全国の母親1000人を対象に、「子どもの鼻の健康に関する意識調査」を実施したところ、約5割の母親が「正しい鼻のかみ方」ができていないことが明らかになった。また、約6割の子どもも「正しい鼻のかみ方」ができておらず、同社が2011年に行った同様の調査と比較すると「正しい鼻のかみ方」ができていない母親は10.7ポイント、子どもは11.3ポイント増加しており、「正しい鼻のかみ方」が親から子どもに受け継がれていないことがわかった。

 同社では2011年3月より、『鼻みず・鼻づまりは集中力の低下につながることに加え、「間違った鼻のかみ方」は健康リスクを招く可能性がある』と言われている問題に対して、「正しい鼻のかみ方」を母親が早いうちから子どもに教える「ハナイク」を推進している。しかし、正しい鼻のかみ方ができていない割合は2011年の調査より高くなっているという。子どもが正しく鼻をかめるようにするために、先ずは母親が以下にあるように、「正しい鼻のかみ方」を認識し、それを子どもに教えることが重要だ。

子どもの鼻の健康に関する意識調査

■約5割の母親が「正しい鼻のかみ方」ができていない

 15歳以下の子どもを持つ母親1000人に、自分自身が「正しい鼻のかみ方」ができているかとたずねたところ、「多分できていない」(20.2%)、「できていない」(7.5%)と、合わせて27.7%と約3割しか、「正しい鼻のかみ方」ができていない母親はいなかった。次に「正しい鼻のかみ方」を読んだ上で、改めて自分自身が「正しい鼻のかみ方」ができていたかをたずねたところ、「たぶんできていなかった」(31.3%)、「できていなかった」(16.3%)と、合わせて47.6%の約5割の母親が、実際は「正しい鼻のかみ方」ができていないことがわかった。2011年調査時では、「多分できていなかった」(22.2%)、「できていなかった」(14.7%)と、合わせて36.9%となっており、比較すると「正しい鼻のかみ方」ができていない母親は、5年で10.7ポイントも増加している。

子どもの鼻の健康に関する意識調査

■「両方の鼻をいっしょにかむ」ことが間違った方法だと知らない母親が5年で5.1ポイント増加

「間違った鼻のかみ方」の具体的な方法として、「両方の鼻をいっしょにかむ」という鼻のかみ方が間違った方法だと知っていたかをたずねると、「知らなかった」と答えた母親が31.5%おり、2011年調査時と比較すると、「知らなかった」(26.4%)となっており、5年で5.1ポイント増加している。

子どもの鼻の健康に関する意識調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ