人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年40周年!永谷園『すし太郎』ロングセラーの舞台裏

2017.02.26

■50年、60年と続くロングセラーになるために

 さて、販売から40年を迎えようとしているすし太郎だが、先々が明るいとは限らない。

 ライバルの動向、食への嗜好の変化など乗り越える壁は多々ある。

 國井さんに伺うと、「すし太郎の名前を知らないお客様は少ないと思いますが、食べられたことがない方が多いのでは?」と語ってくれた。そのため、「新作レシピの開発や、新商品の開発は欠かせない」という。

アレンジレシピのひとつ、ハロウィンちらし寿司
アレンジレシピのひとつ、ハロウィンちらし寿司

 さらに、広報室の松山さんによると「CM戦略など、永谷園全体のバックアップも不可欠」だという。

 にんじん、れんこん、しいたけ、たけのこ、かんぴょうをバランス良く揃え、酢でキリっと引き締めたすし太郎は、50周年、60周年を迎えるため、ロングセラーに甘んじることなく進化し続けていくのだろう。そして、子供から大人まで、みんな大好きな寿司文化をおいしく盛り上げてくれるであろう。

文/中馬幹弘(ちゅうま・みきひろ)

アメリカンカルチャー誌編集長、アパレルプレスを歴任。徳間書店にてモノ情報誌の編集を長年手掛けた。スマートフォンを黎明期より追い続けてきたため、最新の携帯電話事情に詳しい。ほかにもデジタル製品、クルマ、ファッション、ファイナンスなどの最新情報にも通じる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。