人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.02.07

本場で食べてみたい世界の絶品肉グルメ10選

 世界中のあらゆる国々で楽しまれている肉料理は、文化や習慣、風土が異なれば調理方法や味付けも様々だ。その土地に住む人々との触れ合いを楽しむことはもちろんのこと、その国ならではの料理を現地で楽しむこともまた、海外旅行の醍醐味といえる。H.I.S.では海外62か国130都市200拠点のH.I.S.海外支店で働くスタッフがお薦めする、その国独自の絶品グルメの中より、厳選した20の肉料理が楽しめるレストランを選択肢として設定。同社のFacebookページ「H.I.S.Japan」の旅好きファン(31万ユーザー)を対象に、本場で食べてみたい思う肉料理に投票してもらうキャンペーンを実施した。

 1位に輝いたのは、台湾・台北にある故宮博物院に隣接するレストラン・故宮晶華で楽しめる「豚の角煮」。こちらのレストランでは故宮博物院の三大至宝の一つとされる「肉形石」にそっくりの角煮が食べられるということで人気となっている。次いで2位には、韓国・ソウルにあるトジョッの「サムギョプサル」が、3位にはアメリカ・ニューヨークの老舗ステーキハウス・ピータールーガーの「ビーフステーキ」がランクインした。

■投票キャンペーンランキング結果

1位 【台湾・台北】豚の角煮

本場で食べてみたい世界の絶品肉グルメ10選

故宮博物院の名宝そっくり!とろっとろの食感が楽しめる豚の角煮。上等な豚肉をホロホロになるまで長時間煮込んだ「豚の角煮」だ。崩れるほど柔らかくなった角煮は、口の中で溶けるような食感で絶品。故宮博物院の西側に建つレストラン「故宮晶華」で楽しめる豚の角煮は、故宮博物院で高い人気を誇る展示物の「肉形石」を模しており、故宮博物院を見学した後の食事がオススメ!展示物そっくりの一品を味わう事ができる。「アツアツとろとろの角煮は考えただけでよだれが出てしまう!日本とは少し違うAsiaの香りもたまらない…」といった声が寄せられ、堂々第1位に輝いた。
◎店名:故宮晶華(こきゅうしょうか)住所:台北市士林區至善路二段221號

2位 【韓国・ソウル】サムギョプサル(豚の三枚肉の焼肉)

本場で食べてみたい世界の絶品肉グルメ10選

野菜もたっぷり楽しめる本場韓国の焼肉。韓国を代表する肉グルメと言えばこれ!豚の三枚肉を厚めにスライスし、鉄板で表面がカリッとなるまで焼いて食べる「サムギョプサル」。肉と一緒に、焼いたニンニクやネギなどをエゴマの葉やサンチュに包んで、塩を溶いたごま油につけて食べる。「あの分厚い豚肉に、焼いたキムチをサンチュで巻いて食べるのがサイコー!野菜もたっぷり食べられて本当に美味しい!」という声が寄せられ、票を大きく伸ばした。
◎店名:トジョッ
◎住所:ソウル市麻浦区西橋洞402-17

3位 【アメリカ・ニューヨーク】ビーフステーキ

本場で食べてみたい世界の絶品肉グルメ10選

全米一に何度も輝いた事がある老舗ステーキハウスのステーキが3位にランクイン。熟成肉を最適な状態で食べることができる。噛めば噛むほど旨みが口の中に溢れるお肉はまさに絶品の超人気店。「初めてサシのないお肉を美味しいと思いました。感動しました。」といったファンの声が集まった。
◎店名:Peter Luger Steak House(ピーター ルーガー ステーキ ハウス)
◎住所:178 Broadway Brooklyn NY 11211(ブルックリン本店)

4位 【イタリア・フィレンツェ】ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

本場で食べてみたい世界の絶品肉グルメ10選

イタリア・フィレンツェ名物「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」が4位に入った。生後12か月以下の牛の肩ロースを、指3本ほどもある分厚さで切った豪快な一品。塩と胡椒だけでシンプルに味付けし、炭火焼きで外はカリカリと香ばしく、中は柔らかくジューシーに焼きあげられたビーフステーキだ。「大きなステーキですが味は繊細で世界中の人が食べても美味しいはず!!霜降りに負けない赤みの美味しさを是非味わってください。」という声が寄せられた。
◎店名:La Spada(ラ スパーダ)
◎住所:Via della Spada, 62R, 50123 Firenze

5位 【フランス・パリ】マグレ・ド・カナール(鴨のロースト)

本場で食べてみたい世界の絶品肉グルメ10選

フランスのご当地肉グルメ、フォアグラを取る為に肥育された鴨の胸肉をローストした料理「マグレ・ド・カナール」が5位にランクインした。通常の鴨よりもしっかり育てられる為、肉も脂も良質で、しっとりとした味わいと香りを楽しめる。「視覚も嗅覚も刺激する美味しさは、他の追随を許しません。トレビアン!」という声が寄せられた。
◎店名:Domaine de Lintillac(ドメーヌ・ドゥ・ランティヤック)
◎住所:10 rue Saint Augustin, 75002 Paris, France

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。