人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイレゾ音源は本当にアナログの音より気持ちいいのか?

2016.10.08

〈アナログ代表〉

[音質]レコードはハイレゾ同様、人間の耳で聞こえない音域の音も収録されており、奥行き感のある音を再現する。特に中音は厚みのある音に再生する特性がある。これが音を豊かにし、心地よく聞こえる。

[プレーヤー]レコード盤を一定速度で回転させるシステムはシンプルだが、振動による悪影響を受けないよう、緻密な設計がされている。同店では高級ブランドのトーレンス『TD309』を採用している。

[プレーヤー]

[利便性]曲順や曲名はレコード盤やジャケット上にあるリストを確認。聴きたい曲の冒頭に針を置くなど手間がかかる。針の種類により適正な圧力を調整するなど、利便性は低いが、その手間もアナログレコードの特徴であり、楽しみのひとつだ。

[利便性]

[オススメ入門モデル]

●アナログ音源を楽しみつくすプレーヤー

オンキヨー『CP-1050』
オンキヨー『CP-1050』
オープン価格(実勢価格約5万3000円)

基本性能を高めた本格マニュアルプレーヤー。キャビネットには制振性に優れた素材を使用した。

●フォノイコライザー搭載プレーヤー

ティアック『TN-350』
ティアック『TN-350』
オープン価格(実勢価格約5万6000円)

フォノイコライザーを搭載し、フォノ入力を持たないアンプにもダイレクト接続が可能。

■レコードプレーヤーに必須。フォノイコライザーって何!

レコードプレーヤーの信号の電圧は、CDなどに比べ2000分の1〜40分の1程度。以前のアンプではアナログレコード用入力の信号を増幅させていたが、レコード用入力端子がないアンプには、フォノイコライザーを仲介させ、信号を増幅させる。

オーディオテクニカ 『AT-PEQ20』
オーディオテクニカ
『AT-PEQ20』2万7000円

《結論》

ハイレゾは音楽メディアがアナログからCD〜MDと様々な変貌を遂げながら行き着いた領域。スペックはすばらしく、臨場感は非常に高い。しかし、自然の音に近いという点ではアナログも非常に魅力的だ。好みのアーティストや楽曲にマッチしたシステムを選ぶのがベストだろう。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。