小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【コスプレ撮影術】ライトボックスも傘もいらない最強のオフカメラ、RoundFlashの『Dish』

2016.06.11

【コスプレ撮影術】もうライトボックスも傘もいらない!オフカメラ最強のRoundFlash『Dish』

最後に比較用に普段使っている直径120cmアンブレラ+ディフューザーの作例をお目にかけよう。レンズは18mm相当である。コスチュームの影と質感がやや柔らかい感じがする
OLYMPUS『OM-D E-M10MKII』9-18mmf4-5.6 1/60sec F6.3 ISO200 18mm相当

【コスプレ撮影術】もうライトボックスも傘もいらない!オフカメラ最強のRoundFlash『Dish』

100%で見るとキャッチライトの直径が大きいことが分かる。こちらもセンターが黒くなり、その下にライトスタンドの棒の影も見える
OLYMPUS『OM-D E-M10MKII』9-18mmf4-5.6 1/60sec F6.3 ISO200 18mm相当

【研究結果】

RoundFlash『Dish』を今回初めて、まっ暗なスタジオで使った。思ったより光量がありフル発光させる必要はなかった。距離にもよるがクリップオンストロボに付けて1/4ぐらいで充分使える。また、光が硬いという問題もコスプレの種類によっては気にならない。気になったら距離を離せば柔らかくなるのだが、キャッチライトの直径は小さくなる。どちらを重視するか悩ましいところだ。『Dish』は単体でかなり活用範囲の広いライティング機材だった。特に機材を最小限にしたい時に極めて有効。次回はフレキシブル・マジックアームを使ってオンカメラで撮ってみる予定である。

RoundFlash『Dish』はアンブレラやライトボックスのサブ機材として、または初めて購入するオフカメラ用のストロボ、リフレクターとしてもオススメである。

●『Dish』は小型軽量でハイコスパ
●『Dish』のキャッチライトはいい感じ
●『Dish』は18mmレンズの画角をカバーできる
●『Dish』の光はやや硬調

(文/ゴン川野)

カメラ生活42年、小学生でオリンパスPEN-Fを愛用、中学生で押し入れ暗室にこもり、高校では写真部部長。大学卒業後、単身カナダに渡りアウトドアスクール卒業後「BE-PAL」を経て本誌ライターに。保有交換レンズ41本、カメラ28台(見える範囲で)。阿佐ヶ谷レンズ研究所もよろしく。

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。