小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【コスプレ撮影術】EPSON『EB-1776W』とNEEWER『ソフトボックス・グリッド付き』でプロジェクター撮影に挑戦!

2016.04.02

プロジェクターの次に必要なのがスポット光が得られる照明機材だ。ほんとうにスポットだと狭すぎで、レイヤー全身に光を当てたい。機材はクリップオンストロボなので、これに対応するハニカムグリッドかスヌート、あるいはグリッド付きのライトボックスが考えられる。実際に全部試してみた結果、予想通り面積の広いNEEWER『ポータブル・ソフトボックス・グリッド付き』(60×60cm)3900円が一番使い勝手が良かった。マウントはBowens互換なので、いつも使っているNEEWER『S-型 ブラケット/ホルダー』にそのままはめ込めた。レイヤー全身に柔らかい光を回せるのでオススメ。ソフトボックスの骨格になるワイヤーがかなり硬めなので組み立てには結構、腕力が必要で時間もかかる。また専用ケースに収めても25×50cmぐらいあり、かなりかさばる。

JJC『3in1 ハニカムグリッド・ライトシステムSG-N』3480円はクリップオンストロボの発光部にはめ込んでグリッドになるアクセサリである。2枚のグリッドの組み合わせで、45度、25度、16度の円形スポット光が作り出せる。光はソフトボックスより硬くなるが、狭い範囲にスポットが当てられる。例えば顔だけとか。これはなかなか便利だ。少し高価だがROGUE『Flash Grid』5700円(税別)の方が本体がナイロン製のため汎用性が高く、ほとんどのクリップオンストロボで使えるのだ。

最後にダメ押しで買ったのがNEEWER『スヌート』750円である。こちらもROGUE『Flash Bender2』6500円(税別)の廉価版でフラッシュへの固定方法が滅茶苦茶ダメダメだが値段が本家のほぼ1/10なので諦めよう。機能的には結構使えるのだが、光は一番硬く、ほぼフラッシュ直炊きと変わらない。

【コスプレ撮影術】今年のトレンド、プロジェクター撮影に挑戦!EPSON『EB-1776W』+NEEWER『ソフトボックス・グリッド付き』準備編

JJC『3in1 ハニカムグリッド・ライトシステムSG-N』3480円。ハニカムグリッドにより円形の光の輪を作り出す。光量も減るので近距離から発光させるのがコツだ

【コスプレ撮影術】今年のトレンド、プロジェクター撮影に挑戦!EPSON『EB-1776W』+NEEWER『ソフトボックス・グリッド付き』準備編

ライトスタンドに固定して使うと、厳密な角度と高さ、方向が決められる。というかライトスタンドを使わないとハニカムグリッドを使いこなすのは難しいだろう

【コスプレ撮影術】今年のトレンド、プロジェクター撮影に挑戦!EPSON『EB-1776W』+NEEWER『ソフトボックス・グリッド付き』準備編

激安スヌート。百均にある材料で自作できそうなレベルの製品。マジックテープで固定するのだが、これがなぜか普通と逆の凹凸の組み合わせで使いにくい。やっぱりROGUE買おうと思った

【コスプレ撮影術】今年のトレンド、プロジェクター撮影に挑戦!EPSON『EB-1776W』+NEEWER『ソフトボックス・グリッド付き』準備編

こちらもライトスタンドに固定して使った。オフカメラライティングで強い影が欲しい時に有効だ

【コスプレ撮影術】今年のトレンド、プロジェクター撮影に挑戦!EPSON『EB-1776W』+NEEWER『ソフトボックス・グリッド付き』準備編

大きくてかさばり、組み立てが面倒で時間がかかるが、もっとも大面積に柔らかい光を当てられるグリッド付きのソフトライトボックス


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。