人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

価格と味は正比例しない!激安なのにおいしいカインズの絶品ビール『黄金』

2016.03.25

 以前も書いたけど、僕が家で買い置きして常飲しているのは、サッポロの『麦とホップ』。ちなみに、最近、麦芽量が増えたけど、前のほうが好きだった。これは僕の好みではあるけれど、一概に麦芽量が多いからではなくバランスだという一例ね。

 そして今日は、僕の大好きな、「究極のハイコスパビール」(酒税法的にはビールじゃないが)を紹介する。

黄金(カインズ 度数5%  500ml)
■黄金(カインズ 度数5%  500ml)

まず感じるのはフルーティさ! フランス産アロマホップのおかげもあるだろうけど、醸造法もうまいのではないか。麦芽量の少なさをカバーして余りあるテイスト。モルト感がないと、安っぽい「ライト」な仕上がりに流れがちだが、これはそう感じさせない。「ドライ」ではなく「さわやか」という印象。さすがに苦味は少なく、少々の酸味と甘味で、チューハイに近い印象。マリアージュは超万能。何にでも合う。ひとつ気になるのは、泡持ちの悪さ。

黄金 BLACK(カインズ 度数5%  330ml)
■黄金 BLACK(カインズ 度数5%  330ml)

こちらはドイツ産ホップ使用。濃過ぎず薄すぎないクセのないローストフレーバーがみごと。ライト目のチョコスタウトという感じ。色のイメージと違い飲み口は素直、舌先にヒリリとくるわずかな辛み、そして後からくるほどよい苦味。しつこさがなくスムース。こういう、さわやかな仕上げの黒は面白い。

 5年以上前、まだこれがあまり知られてなかった頃、オクサンの田舎、栃木のカインズホームで発見。あまりの安さが物珍しく飲んでみたら……ええっ! かなりイケルじゃん! と。1年近くネットでまとめ買いして常飲していた。当初、人気のせいかよく品切れになっていたし、一時的にCMやってたから、かなり好調だったのだろう。いやほんと美味しいのでオススメする。

詳しくは以下に。

カインズホーム「カインズリカー」

カインズホーム「カインズリカー」

500mlは、24本で2780円。1本当たり116円弱!

330mlは、24本で1980円。1本当たり83円弱!

一般的な350mlではなく20ml少ないのがミソだが、しかしそれでも驚異の低価格。ちなみに、僕が常飲する「麦とホップ」500mlの最安値を価格コムで調べると、24本で3637円。1本当たり152円弱で、「黄金」との差、36円。原産国はベトナムというあたりが、このクオリティを安く提供できる要因なのだろう。

 黄金とは逆に、この価格でこの仕上がり? と思う銘柄もある。もちろん、ブルワリーやブルワーが手を抜いているのではなく、「作り手のセンスと自分の好みが合わない」だけなのだが。

まあつまりは、価格と味と好みは、別の事柄として飲んでいこうということだ。

★今日のビール川柳★
酒税法 味と価格が アンバランス

文・写真/石黒謙吾(いしぐろ・けんご)

著述家・編集者・分類王。日本ビアジャーナリスト協会・副会長、日本ベルギービールプロフェッショナル協会・理事。映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』はじめ、『2択思考』『図解でユカイ』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『分類脳で地アタマが良くなる』『ベルギービール大全』など幅広いジャンルで著書多数。プロデュース・編集した書籍も、ベストセラー『ジワジワ来る○○』(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)など200冊以上。twitter: @ishiguro_kengo、facebook:石黒謙吾、blog:イシブログケンゴ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。