小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

dポイントは1週間でどれだけたまる?@DIMEが本気で集めてみた!【PR】

2016.03.18PR

■ポイント交換で「dポイント」を増やす!

「dポイント」は提携会社との間でポイントやマイルを相互交換するサービスも行っている。そこで、何となくたまって使わずにいたポイントやマイルを整理して、「dポイント」に集約してみた。

●「Pontaポイント」を「dポイント」に交換

 ローソンやケンタッキーフライドチキンなど、いろいろなお店でためて使える「Pontaポイント」が「dポイント」に交換できる*。
*ドコモの回線契約者対象

Ponta
*「Ponta」は株式会社ロイヤリティ マーケティングの登録商標です。

 そこで、たまっていた500Pontaポイントを「dポイント」500ポイント分に交換した。

●薬は「マツモトキヨシ」で買ってポイントに交換

 ドラッグストアの「マツモトキヨシ」の現金ポイントカード「マツキヨカード」にたまっていたマツキヨ現金ポイントも「dポイント」に交換できる。

マツキヨカード

 2016年3月31日まではマツキヨ現金ポイント500ポイントが「dポイント」400ポイントに交換できる(通常は350ポイント)。そこで、マツキヨ現金ポイント1000ポイント分を「dポイント」800ポイントに変換した。

■1週間で4561ポイントも獲得!

 1週間、特に高額な買い物などすることなく、「dポイント」をためられるショップで普通に買い物し、相互交換可能な会社のポイント、マイルを「dポイント」に交換するだけで、4561ポイントもためることができた。利用金額が週によって波があるとして、出張やポイント交換などを抜きにしても、ドコモの利用料金と日々のお買い物で1300ポイントほどの「dポイント」をためることができた。

 筆者の場合、このままのペースでためると月にして約5000ポイント、年間で6万ポイント程度を普通の生活でためることができる計算になる。やはりケータイ利用で毎月ポイントになるのは大きいと感じた。また、今回は家族の買い物には利用していないのだが、家族カードを用いればさらにポイントがたまるのは間違いない。さらに、キャンペーンも毎月のように新しいものが次々登場しているのでこちらも見逃さずにうまく活用したい。「dポイント」はドコモのケータイ利用者はもちろんだが、普段の生活の中で効率よくためられる実用的なポイントサービスだと、今回の検証で実感した。

取材・文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。