小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【PC Audio Lab】極上ボリュームが魅力のLUXMANの多機能DACプリアンプ『DA-250』

2016.01.18

■Performance

結成10年で突然の解散宣言の前に完成した最後のアルバムとなったYuji Ohno & Lupintic Five with Friends「BUONO!! BUONO!!/THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver」(48kHz/24bit)を聴くと部屋の温度が上がったかのようなホットな演奏が始まり、中低域に厚みのある音に空間が包まれる。お馴染みのルパン三世のテーマが大野雄二の手で蘇る。LECUAに切り換えて聴くと、音色はややクールになり、音場は左右に広がり、個々の楽器の位置がよりハッキリ分かる。音の消え際の細かい響きはスポイルされ音楽の骨格が際立つ。低域はタイトでハイスピードだ。

Diana Krall「The Girl In The Other Room/Sotp This World」(96kHz24bit)でデジタルフィルターのP-1とP-2を聴き比べてみた。P-1はボーカルが滲まずクッキリとした輪郭になる。P-2ではボーカルのニュアンスが感じられ、わずかに響きが増えるようだ。私の好みはP-2である。マニュアルによればP-1がノーマルFIRフィルター、P-2はロー・レイテンシーIIRフィルターとのこと。IIRは無限長インパルス応答、FIRは有限長インパルス応答フィルターを意味する。IIRは抵抗とコンデンサーだけのシンプルな回路でもフィルターが構成できプリリンギングが起きない、FIRは設計の自由度が高く位相の乱れが少ないという特徴がある。デジタルフィルターの話をすると長くなるので、これぐらいにとどめておくが、DACの音質を決める重要な要素であるため、各メーカーでさまざまなフィルターが研究開発されDACに実装されている。

『DA-250』にはDSD用のアナログFIRフィルターの切り替えもある。こちらはシンプルにカットオフのカーブが急峻なd-2のハイ・アッテネーションとd-1のノーマルの2種類が選択できる。Holly Cole「Night/Love Lies」(DSD64)で聴いてみると、d-1は穏やかで地味な感じ、d-2ではボーカルがのびのびとして、響きが豊かになったように感じられる。その音の違いは微妙で、それ以前に『DA-250』で聴くDSD音源の厚みがあって心地良い音に酔いしれてしまうだろう。

最後にヘッドフォンアンプの音は、鮮明でクッキリしたもので透明感がある。音の消え際が若干もの足りない感じがした。同社のヘッドフォンアンプ『P-700u』の中低域に厚みのある音を想像していたのだが、少し方向性が違うようだ。もっとも物量を投入しないと『P-700u』のような音を出すのは無理なのかもしれない。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。