小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

許容できる通勤距離、最も多かったのは何分以内?

2024.07.08

スキマ時間を利用して、サクッと稼ぎたい……そんなニーズを満たす「スポットワーク」が今、副業の普及を背景に注目を集めている。

では、スキマ時間を活用して、住んでいる街や近隣エリアで働くことについて前向きな人はどれくらいいるのだろうか?

地域コミュニティアプリ「ピアッザ」を運営するPIAZZAはこのほど、スキマ時間に短時間だけ働くスポットワークのニーズの高まりを受けて、同アプリのユーザー男女520名を対象に「地域で働くことアンケート」調査を実施し、その結果を発表した。

住んでいる街や近隣エリアで働くことに興味がある人は90.8%、共働き世帯では91.3%

地域コミュニティアプリ「ピアッザ」のユーザー520名に、自身の住んでいる街や近隣エリアなど地域で働くことに興味があるかを尋ねた。その結果、「興味がある」と回答した人は90.8%(ある:64.4%、どちらかといえばある:27.8%の合計)となった。

また世帯別でみると、専業主婦(主夫)世帯や単身世帯よりも、共働き世帯の方が地域で働く意欲が特に高い結果となり(91.3%)、副業として地域で働くことへの興味関心が高まっていることがうかがえる。

地域で働く際に「自宅からの移動距離」を重視する人は9割

地域でスキマ時間に働く際に重視することを尋ねたところ、約9割の人が「自宅からの移動距離」を重視していることが判明した(86.9%)。以下「希望の日程、時間帯(83.1%)」が続いており、仕事内容よりも生活との両立がしやすいかどうかが重要であることがうかがえる。

また、自宅から職場までの移動距離について聞いたところ、許容可能な通勤距離は「自転車で20分以内」が最多で4割という結果となった(40.0%)。これは、職場までの距離がおよそ半径5キロ圏内を指しており、「徒歩で10分以内(20.6%)」と合わせて6割の人が、スポットワークとして働く場合は、身近な生活圏内で仕事探しをしていると考えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。