小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リラクゼーションサロンの市場規模は3674億円、2年連続で拡大

2024.07.02

整体、ボディケア、もみほぐし、ヘッドスパなどの施術を行い、身体の調子を整えてくれるリラクゼーションサロン。その市場規模は、ここ数年でどのような推移を見せているのか?

リクルートの美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』はこのほど、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に「過去1年間におけるリラクゼーションサロンの利用に関する実態調査」を実施し、その結果を発表した。

男女の【着衣の施術】、女性の【脱衣の施術】の1回あたり利用金額がここ5年で最高額

美容センサスから推計したリラクゼーションサロンの市場規模は、3674億円(前年比9.6%増)。【着衣の施術】が2564億円(前年比6.7%増)、【脱衣の施術】が1110億円(前年比16.9%増)で【脱衣の施術】は2年連続の2桁成長となった。

1年以内のリラクゼーションサロン利用率を調べたところ、【着衣の施術】【脱衣の施術】ともに男女の利用率の差がほぼなくなっていた。

なお、【脱衣の施術】は男女の利用率が逆転し、男性の利用率が2年連続で増加していた。

リラクゼーションサロンの1回あたりの利用金額について調べたところ、男女の【着衣の施術】、女性の【脱衣の施術】の1回あたり利用金額が、ここ5年で最高額となっていることがわかった。

リラクゼーションサロンの年間利用回数について調べたところ、女性の【着衣の施術】、男女の【脱衣の施術】の年間利用回数が前年より増加し、ここ5年で最も多くなっていた。

【着衣の施術】【脱衣の施術】の1年以内におけるメニュー利用率を調べたところ、男女の「ヘッドスパ・ドライスパ」の利用率が2年連続で増加し、男性は前年から7.2ポイント増加していた。

■研究員からのコメント~コロナ禍の規制がほぼなくなり、サロン利用の意欲に復調の兆し~

リラクゼーションサロンの市場規模は、ここ2年で拡大傾向にあり、お客さまの利用意欲が復調していると考えます。特に【脱衣の施術】が2021年以降大きく落ち込んでいましたが、コロナ禍の規制がほぼなくなったことにより、施術への抵抗感もなくなってきたのでしょう。また、男性の利用メニューが多様化していることもうかがえます。

(解説/『ホットペッパービューティーアカデミー』研究員・田中公子氏)

<調査概要>
調査名:「美容センサス2024年上期≪リラクゼーションサロン編≫」
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2024年2月1日(木)~2月12日(月)
調査対象:全国、人口20万人以上の都市に居住する15~69歳の男女各6,600人
※図表内の%の値は小数第2位を四捨五入しているため、差分や合計値において、単純計算した数値と合致しない場合がある。
※実数回答設問では、想定範囲から外れた値を「外れ値」として除外して集計しているため、記載しているn数と算出に用いた基数が異なる場合がある。

出典:美容センサス2024年上期「リラクゼーションサロン編」(リクルート)

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。