小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新たな一手となるか?老舗ホテルが次々と外販事業に挑む理由

2024.06.30

コロナ禍での外出規制、インバウンドの消失など、厳しい時期を経て、活況を迎えているホテル業界。大都市圏では外資系ホテルの進出ラッシュも再開するなか、ホテルの新たな一手が始まっている。

注目したいのが、老舗ホテルが手掛ける外販事業だ。

この4月には東京・丸の内のパレスホテル東京を運営するパレスホテル、神奈川・横浜のホテルニューグランドがホテルの外に新たなブランドの店舗を出店した。期せずしてそれぞれの街を代表する歴史あるホテル会社が同時期に外販事業に挑んだ意図とは?

全く新しいブランドを立ち上げたホテルニューグランド

ホテルニューグランド裏手の新築マンションの1階に出店した「S.Weil by HOTEL NEW GRAND」

1927年に横浜の山下公園沿いにオープンしたホテルニューグランドは、1945年8月に進駐軍として来日したマッカーサーも宿泊したクラシックホテル。

ホテル裏手に新たなマンションが建設され、その1階に2024年4月29日、「S.Weil by HOTEL NEW GRAND」を出店した。ここでは、クラシカルな洋食を自宅でたのしめる冷凍食品やレトルト商品、パンや焼き菓子などが展開されている。

同ホテル 広報担当の横山ひとみ氏によると、コロナ禍に発売したホテルメニューの冷凍食品などホテルニューグランドブランドの商品が増えたこと、またホテルの既存の敷地内には商品を展開できるスペースが確保できないことから外部への出店となったという。

看板商品であるモカルーロの仕上げを行なう様子

新たに立ち上げた「S.Weil 」というブランド名は、初代総料理長のサリー・ワイル氏に由来する。その横顔をロゴにも使い、新たな横浜土産となることを目指して「モカルーロ」という横浜から日本国内に広がったコーヒーを使ったロールケーキも販売。店舗はホテルニューグランドとリンクしたクラシカルなデザインにしながらも、路面店になったことでより気軽に立ち寄りやすくなった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。