小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アメリカ人の8割、日本人の7割強が「誤情報や有害なディープフェイクは選挙に影響を与える」

2024.06.27

アドビは米国、日本、欧州を含む世界6000人以上の消費者を対象に、インターネット上でフェイク情報に遭遇した経験や、生成AIがもたらす影響への懸念などについて、グローバル調査Future of Trust Studyを実施。先日、結果を発表した。

本稿では同社リリースを元に、その概要をお伝えする。

この調査は、アドビの責任あるイノベーションに関する取り組みの一環であり、デジタルコンテンツの信頼性を検証するツールに対する消費者のニーズの高まりと、誤情報が各国の選挙の公正性に及ぼす影響について積極的な対策が急務であることを浮き彫りにしている。

特に、目前に控えた米国大統領選挙に向けて、過熱する両陣営の選挙戦・情報戦に世界の注目が集まる中、本調査結果は公平な選挙におけるデジタルコンテンツが担う影響力について、世論を示す一つのベンチマークとなるはずだ。

主な調査結果〜消費者は誤情報の拡散に危機感を抱いている

・多くの消費者(米国70%、日本68%)が、オンラインで接するコンテンツが信頼できるかどうかを確認することが難しくなっていると述べている。

・ほとんどの回答者(米国84%、日本83%)が、オンラインで接するコンテンツが改ざんされやすく誤情報になることに懸念を表明している。

・オンライン上の情報に対する透明性への関心はより高まっており、過半数以上の回答者(米国 76%、日本57%)が、コンテンツが生成AIで作られたかどうか判別できることが重要であると回答している。

■デジタルコンテンツへの信頼が低下する中、消費者は選挙の公正性の担保に懸念

・今年は世界各国で重要な選挙が行われ、40億人以上の有権者が選挙に参加することになる中、多くの消費者(米国80%、日本73%)が、誤情報や有害なディープフェイクが将来の選挙に影響を与えるだろう、と考えていることがわかった。

・閲覧しているオンラインコンテンツが真実かどうかを判断するためのツールが普及していないため、選挙候補者がプロモーションコンテンツに生成AIを使用することを禁止すべきと、多く(米国78%、日本61%)が回答している。

・消費者の大多数(米国83%、日本72%)は、政府とテクノロジー企業が協力して、ディープフェイクや誤情報から選挙の公正性を守るべきだと考えている。

コンテンツを共有する前に情報源の信頼性を確認する際、消費者はコンテンツが真実であるかどうかを確認するためのツールとメディアリテラシースキルを持つことが重要であると考えている。

・多くの消費者(米国88%、日本77%)は、オンラインコンテンツが信頼できるかどうかを確認するための適切なツールが不可欠であると考えている。

・誤情報に対する懸念は、それが子どもに及ぼす潜在的な影響についても及んでおり、ほとんどの消費者(米国84%、日本78%)が、学校のカリキュラムの一環としてメディアリテラシーを子供たちに教えるべきだと回答している。

生成AIの安全な利用とデジタルコンテンツの信頼性向上へ

アドビの本調査により、オンライン上の誤情報やディープフェイクに関する懸念、および生成AIがデジタルコンテンツの透明性に与える影響について、世界で関心が高まっていることが明らかになった。

同社は以前より説明責任、社会的責任、透明性というAI倫理原則に従い、AIを開発してきた。

その中で、コンテンツがどのように作成、変更、公開されたかの重要な情報を提供。改ざん検知を可能にする、いわば「成分表示ラベル」のような役割のメタデータであるコンテンツクレデンシャルの普及に取り組んでいる。

また、デジタルエコシステムの信頼性の向上のために2019年にContent Authenticity Initiative(コンテンツ認証イニシアチブ、CAI)を設立した。

現在、CAIはテック、政策、およびメディアに関連する企業、クリエイティブプロフェッショナル、研究者など3000以上のメンバーを擁するグローバル組織に成長。デジタルコンテンツに透明性を持たせるために協力しており、今後日本でも、多くのメディアや企業の参加が期待されている。

同社エグゼクティブバイスプレジデント、ゼネラルカウンシル兼チーフトラストオフィサーであるダナ・ラオ(Dana Rao)氏は、今回の結果発表を受けて次のように述べている。

「アドビは、AI技術の商用展開を進めるリーダーとして、クリエイティビティと生産性を変革する生成AIの力に大きな期待を寄せる一方、AI技術が社会に及ぼす影響について長い間考えてきました。

この調査結果が明確に示しているように、ディープフェイクの危険性について消費者がリテラシーを向上し、何が真実であるかを理解するためのツールを提供することが重要です。選挙が近づいている今こそ、コンテンツクレデンシャルのような保護技術を採用して、私たちが接するデジタルコンテンツへの信頼を回復する時です」

Future of Trust Studyグローバル調査について
アドビはAdvanisと共同で米国2012人、日本1023人、英国2002人、フランス1043人、ドイツ1020人の18歳以上の回答者を対象に調査を実施。データは、2024年3月にオプトインの非確率的データサンプリング手法で収集された。

(C)2024 Adobe. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

関連情報
https://www.adobe.com/jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。