DIME WELLBEINGDIME WELLBEING

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

人生をもう1周!50代で〝3足のわらじ〟を履いて謳歌する第2の青春【セカステReal】

2024.06.25

子育ての終了、役職定年、親の介護、健康不安……。自分の「これから」に向き合うきっかけは、人それぞれ。連載【セカステReal】では、自分らしい生き方を模索し、セカンドステージに歩を進めたワーキングウーマンたちの奮闘、葛藤、感動のリアルストーリーに迫ります。

【セカステReal #️02】後編
人工乳房の彩色技術者として、人の役に立つ喜び(きつさん・53歳)

前編はこちら

profile
武蔵野美術短期学部卒業後、会社員を経てイラストレーターに。子育て情報誌、教育関連の書籍などを中心に活躍。イラストレーターとして仕事する一方で、画塾で美術大学の受験指導も担当。48歳のとき、これまでの経験や技術を活かし、「人工乳房」の彩色技術者の道を歩み始める。現在、自宅で「人工乳房」のサロンを開き、日本人をはじめ、さまざま国のお客様を迎え入れている。夫、子どもと3人暮らし。

人工乳房が、傷ついた心を癒やすことにつながっている

イラストレーター、画塾講師、そして「人工乳房」の彩色技術者として活躍するきつまきさん(53歳)。後編では、新しく得た天職から学んだことや、生き生きと50代を送る秘訣について伺います。

――50代を目の前にして得た「人工乳房」の彩色技術者の仕事ですが、何を感じますか。

きつまき(以下、きつ):お客様との言葉のやりとりが一つひとつ大きな学びになっています。

――お客様は悲しみに沈んでいる方が多いのでしょうか。

きつ:確かに傷を気にされる方もいらっしゃいますが、基本的には、もう絶望的な時期は脱した方、これから人生を前向きに楽しみたいという方が多いです。

――それは、意外です。

きつ:家族や友人と一緒に温泉旅行を楽しみたいとか、体のバランスを整えてスポーツやおしゃれを楽しみたいとか、皆さん、人生を楽しもうとする方が多いのですよ。

――お客様との印象的なエピソードは?

きつ:彩色が完了した人工乳房をご覧になり、涙を流される方が多いです。温泉に入るとき、周りの人を驚かせてはいけないという配慮から、人工乳房の購入を決めたのに、いざ出来上がって装着してみると、「思いがけない喜びを感じて、これまで私自身が傷ついていたんだと悟った」「心の奥底には、自分の胸を蘇らせたい気持ちがこんなにもあったことに、今、気が付いた」と言って、泣かれるのです。

写真提供/ナチュラルブレスト

――人工乳房は、傷ついた心を癒やすことにつながっているのですね。

きつ:お客様のそういう言葉を聞くと、彩色の仕事ができて、本当に嬉しくなります。他の人のお役に立てるのは、私の誇りであり、仕事のやりがいでもあります。

――最近は、海外からのお客様も増えているとか。

きつ:私が彩色している人工乳房は、審査基準が厳しいことで有名なアメリカの特許をとっていることもあり、外国人のお客様も多いですね。中国、韓国、タイ……。さまざまな国からいらっしゃいます。

――言葉の問題は?

きつ:通訳を付ける方もいるし、日本在住の友達を通訳代わりに同行される方もいます。

――彩色にも違いがありますよね。

きつ:確かに、全体的に黄味がかっているとか、白っぽい色など傾向はありますが、それより個人差のほうが大きいと思います。

――個人差を意識して彩色されるのですね。

きつ:実は、ジェンダーレスでもあります。LGBT+の方、女装が趣味の方でプライベートな時間に人工乳房を装着しておしゃれを楽しみたい方、いろんな方がいらっしゃいますから。手術で胸を無くした方はもちろん、それぞれのお客様が幸せになれるお手伝いをしたいと思っています。

サロンでは、実例画像も掲載した小冊子を配布している

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。