小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GfKがパルテノペ大学で大学院生とJ-POPの海外展開を考察するワークショップを実施

2024.06.17

GfK Japanは2024年4月10日、1919年に設立された王立海軍研究所が前身というイタリア・ナポリのパルテノペ大学において、Marketing and International Management修士コースを履修する大学院生を対象としたJ-POPの海外展開を考察するワークショップを実施した。

このワークショップはGfK Japanライフスタイル事業部が企画したもので、先日、その内容の一部が発表された。

画像はイメージです

海外展開を希望する曲(アーティスト)について

ワークショップに参加した学生は自分がプロデューサーまたはプロモーターであると仮定し、「Number_i / GOAT」「ME:I / Click」「Mrs. GREEN APPLE / ケセラセラ」「Vaundy/怪獣の花唄」「乃木坂46 /おひとりさま天国」「Official髭男dism / Subtitle」「Snow Man / Tapestry」(順不同)の7曲の中から1曲、海外で展開したい曲またはアーティストを選んだ。

対象曲は、2024年4月1日の時点で欧米でのツアー開催や大きなフェスへの参加がないアーティストを軸にGfKにて選曲した楽曲。学生はミュージックビデオをYouTubeにて90秒ほど視聴した後に1曲を選択した。

結果は、「Number_i / GOAT」が最も選ばれ、35%以上の学生から支持を集めた。「ME:I / Click」「Mrs. GREEN APPLE / ケセラセラ」は約18%と各同等の支持を得た。

日本国内では人気を誇る「Vaundy/怪獣の花唄」「乃木坂46 /おひとりさま天国」「Official髭男dism / Subtitle」「Snow Man / Tapestry」は、イタリアの学生の視点では支持が低い結果となった(図1)。

■選曲の理由

参加者34名の学生に選曲理由について自由回答をしてもらい、その内容を抽出・置き換えた11のキーワード「グループ構成」「曲」「MV (ミュージックビデオ)」「好み」「歌詞・タイトル」「雰囲気」「ダンス」「世代感」「アニメ要素」「K-POP」「インターナショナル」で割合を表した結果、「曲」を理由としたコメントが47.1%で最も高い選曲理由としてあがった。漠然と「好みの楽曲」という声も多くあがっていた。

 「Number_i / GOAT」「ME:I / Click」「乃木坂46 /おひとりさま天国」「Snow Man / Tapestry」といったボーイズグループ、ガールズグループの曲では、「MV(ミュージックビデオ)」が理由とする声もあった。

「インターナショナル」というキーワードは、選曲上位2曲の「Number_i / GOAT」「ME:I / Click」だけに該当した事が特徴的だった。 日本の楽曲という〝物珍しさ〟を理由として選曲するのではなく、学生が「聞き馴染みのある楽曲」を選ぶ傾向があった(図2)。

■海外展開にあたりターゲットとする国・地域

海外展開をするターゲットの国・地域ついては、どの楽曲に対してもほぼ「EU」「アメリカ」の両方もしくは片方が選ばれ、この2地域は、イタリアの学生の視点では海外進出先として重視する地域と捉えていることがわかった。

その他、「ME:I / Click」を選んだ学生からは「ブラジル」「アルゼンチン」の中南米が、「Mrs. GREEN APPLE /ケセラセラ」を支持した学生からは「インド」「インドネシア」といったアジアの国があがった(図3)。

■海外展開にあたり利用したいメディア

選曲した楽曲またはアーティストを海外展開するにあたりどういったメディアを活用するか、TikTokが1位の61.8%、Instagramが2位で41.2%、次にSpotify 17.6%、YouTube14.7%と続き4サービスがそれぞれ2桁の支持を得ており、イタリアの学生に身近なメディアであることが明らかになった(図4)。

ワークショップのまとめ

学生のディスカッションの内容から、「アーティストや楽曲の強み・弱みを洗い出しアイデンティティを見直すこと」「ターゲット地域のアーティストとのコラボレーションは知名度UPだけでなく“信頼性”にもつながる」「ソーシャルメディアを駆使したオンラインでのプロモーション」「“J-POP”という枠組みとしての取り組み」、これらを効果的に動かしていくために「ターゲットとなる地域の徹底した市場分析の必要性」という海外展開の戦略における5つのポイントが改めて明確となった。

「J-POPの海外展開を考察するワークショップ」概要
ワークショップ期間/2024年4月10日
ワークショップ方法/対面でのグループディスカッション
ワークショップ参加対象/Parthenope University of NaplesのMarketing and International   Management 修士コースにてBrand ManagementおよびCross Cultural Managementを履修する大学院生34名
参加者属性/男性13名、女性21名 
→国籍:イタリア31名、イタリア・ナイジェリアの二重国籍1名、オランダ1名、カザフスタン1名

関連情報
https://www.gfk.com/ja/insights/ent20240613

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。